FC2ブログ
























涙。 

 ガキの頃から親の言うことなんてロクに聞かずに生きてきた。
 飯を食わせてもらうことなんて当たり前だと思ってたし、天涯孤独になろうがなんだってやれるって信じてた。
 生命なんてくれてやる。
 望んで産まれてきたわけじゃない。
 覚悟さえあれば出来ないことは無い。


 あれは確か小学校の低学年、参観日で作文を読む授業。
 テーマは「尊敬する人」・・・自分が何を書いたかなんてまともに覚えちゃいないけど、「お父さんとお母さんを尊敬してる」と発表した幼馴染が信じられなくて、軽蔑したことをいまだに覚えている。
 自分が何者かもさほど理解せず、幼い頃から随分と自意識過剰な自惚れ屋・・・。


 そんなわがままな少年が、ただひとつだけ心に留めた親の言葉。
「男は人前で涙を流すもんじゃない」


 泣いたらダメなんだ。カッコ悪いんだ。そうなんだ・・・。


 自慢じゃないけど、ケンカして負けた記憶が無い。
 それこそガキ大将を地で行ってた。
 だけど時々しんどいケンカもあって、そんな時、自然と涙を流している自分に気付いてしまう。
 決して悔し涙というわけじゃなく、ただの生理現象。
 実は“怒り”の感情を爆発させると涙が出てくるという体質のようで、ケンカして勝とうが涙を流しているという己の姿が恥ずかしく、情けなく・・・いつの頃からかケンカを避けるようになってしまった。
 男は人前で泣くモンじゃないから・・・。
 不良は不良。だけど涙流しながらケンカしたくなかったし、そんなん気にしながらケンカなんて出来ないし、逃げるのイヤだし、負けるのもヤだし・・・。
 誰にも明かせなかった冴えない理由のお陰で、非行には走れず、なんとか無事に社会に出るコトが出来ました。



 中三の夏休み。
 バスケ部の引退記念に、チームの父兄も参加して催された海でのキャンプ。
 真っ暗な海岸を、三年間共に汗した親友と歩いていて涙が頬を伝った記憶。

 思い通りにいかなかった恋愛の数々。
 離れて行く彼女の心を惹きとめられず、感情のコントロールが出来ずに(にじ)み出た涙。
 いろんな女の前で醜態を(さら)してしまった。

 親子ゲンカで泣いたことなら腐るほどあるけど、でも、よその人の前で涙したのはこれくらい。
 本当は「女の前では絶対に涙を流しちゃイカン」ってことだったんだろう。
 まあでも、少なくとも“守り続けている”と言えるであろう両親の教え。
 一応、嫁さんの前では泣いたこと無いから・・・、ねっ。



 だけど・・・“ふとどき”こと、いわもとあきら。
 近頃どうしても涙を堪えきれなくて・・・。
 今度の涙は、決して悲しみではなく、怒りでもなく・・・生まれてはじめての経験。



 嫁さんが妊娠しました。




 おめでたでございます。

 
 うれしさと、愛おしさと、喜びと。
 うまくは言い表せないけれど、人生初の快挙に、(あふ)れる涙。


 ずっとずっと書きたくて、だけどうまく表現する自信が無くて・・・・・・やっと吹っ切れての御報告。


 両親を心の底から尊敬出来るようになって、もう何年も経つけれど、今、改めて、感謝の気持ちでいっぱいで・・・・・・。

 
 この涙にあえてタイトルをつけるとすれば・・・・・・・・・「ありがとう」。

 
 ありがとう!
 頑張るからな!!




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
スポンサーサイト



[ 2008/05/29 23:57 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(2)

♪akaihimoさんへ

どうも長らく辛抱して頂いて有難うございました(^^)

本当は今日も書けないだろうなって思ってたんですけど、ちょっと感動するTV(録画分)見たもんで、勢いで書いちゃいました(;^^A

もっとうまく書きたかったんですけど、所詮、文才もこの程度。
いつまでも寝かせたところでしょうがないですしね。

いつもあたたかいお言葉、本当に有難うございます♪
[ 2008/05/30 00:28 ] [ 編集 ]

では、改めて

おめでとうございます!

その涙は一番綺麗で純粋な涙ですね。
生まれてくるジュニアは、世界一幸せだと思います。
健やかに育ちますように。
[ 2008/05/30 00:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/831-6d48b740