FC2ブログ
























夢は必ず・・・ 

 スギ花粉大襲来予告にも関わらず、雨が降って一命を取り留めた、鼻っ垂らしのふとどきでございます。

 Qちゃんこと高橋尚子選手の北京五輪チャレンジ。
 結果はともかく、彼女の「人間としての強さ」や「清清しさ」を見せ付けられた思いがしました。

 シドニー五輪後のQちゃんブーム当時は、格段これと言ってに思うことも無かったのですが、本日のレース後、彼女の会見の模様を拝見して、真に我が国が誇るべき素晴らしい女性だと確信いたしました。

 不肖・ふとどきも膝に爆弾を抱えているひとりですので、それでもレースに立ち向かっていった彼女の勇気と、走り終えて尚、燃え尽きることの無い闘志に感服至極でございます。






 なのにもってきて、あの女。
 予備選挙が終わるまで黙っておこうと思っていたけど・・・「夢の実現」、「希望」を語る勇者に「恥を知れ!」と名指しでヒステリックに罵ったあの女。反面、彼の腹心から“モンスター”呼ばわりされたと知るや否や、激怒の果てに“クビ”を要求するという図々しさ。
 ネガティブキャンペーンだか何だか知らんが、およそ日本人の感覚からすると“醜態”極まりない下品な選挙戦術。

 世界の権力の極致とも言える彼の国の大統領に、時代から背を向けられ続けてきた“女性”や“黒人”が一日も早く就任するような世の中になって欲しいとは思うものの、あのモンスター以下の欲の塊にだけは勘弁願いたいもの。



「夢」・・・決してあきらめず、歯を喰いしばって努力し続けた者にとっては、実現出来るモノだと信じたい。
 ソレを信じられる世の中こそが、“素晴らしい”世界なんだと思う。


「国民皆保険」を掲げるのは素晴らしいことだと思うが、彼女の姿勢には少なくとも、「国民皆保険」実現より「大統領就任」がまず第一のような気がしてならない。
 立候補直後ならまだしも、こと現在に至っては、単に当選するための“道具”に過ぎないような気すらする。




 言論の自由や個人の尊厳をないがしろにするような国はもってのほかだと思うけど、“自由の国”だからって正しいとは限らない。
 いい加減、“自由の国”の過ちや罪は聞き飽きたし、“自由の国”の正義や主張にも呆れ果てた。
 だからこそ、彼の国のTOPには人間的に信頼出来る人物に就いてもらいたい・・・・・・と、俺は思う。

 ロマンチストや理想主義者と野次られようが、その“ロマン”や“理想”も語れぬような政治家にはひとかけらの魅力もない。

 
 人間としての芯の強さや品格といった言葉とは対極に位置するあの恥知らず。
 元は立派な人物だと信じたい気もするが、果たしていかがなものか。
 願わくば高橋選手の汗と涙、その努力の結晶1リットルをあの卑しい女性に味わって欲しいものだ。

 きっと、それでも変わらないんだろうなぁ・・・・・・。
 
 


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
スポンサーサイト



[ 2008/03/09 23:33 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/740-a414dfa3