スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

痕・・・ 

 わかりますかねえ? この写真↓
 右手の親指の付け根にある小さな黒い点。

20070322013455.jpg





 

 もう3週間前になりますけど・・・、ナツ・アキ・フユが我が家を巣立つ直前、なにかと取っ組み合って喧嘩しまくっていたピーコと雪之丞・・・。
 慌てて引き離すために、割って入れたおいらの右手に、“邪魔スルナ!”と喰らい付いてきた嘴の(あと)がいまだに残っています。
 この嘴の持ち主は、確かピーコだったと思います。

“対AGY”の闘いの模様を伝えようとしてて、すっかり忘れていましたが、憎しみを剥き出しにするかのようにいがみ合ってたピーコと雪之丞が、雛を取り上げた後、果たして仲直りしてくれるのかどうか、心底悩んだエピソードがありました。

 同じケージで一夜を過ごさせようものなら、ひょっとして翌朝には床に雪之丞の冷たくなった身体が転がっているのではないか・・・。
 そんな強烈な不安が襲いかかってきた夜が、幾晩もありました。


 雛が巣立った夜は、ピーコ達の側に居られたので、まだ良かったのです。
 表面上は距離を取りつつも、仲良く同じケージで過ごしているように見えました。

 次の日は大分に帰省することになっていましたので・・・、2羽をどうするべきか迷いましたが、今までの経験と、期待も込めて、また同居させることにしました。

 ひとつの“賭け”だったかもしれません。



 そんなこんなで、“クリッピング”の決意をして、福岡に戻った夜・・・、実は雪之丞が元気に生きているかどうかの方が心配で、(たま)りませんでした。


 相当な覚悟を胸に秘め、ピーコと雪之丞のカゴを覗くと・・・・・・・・・。


 ガーンッ!!











 いちゃいちゃ、いちゃいちゃ・・・。


 おいっ! お前ら、つい一昨日まで、羽はむしるは、あちこち噛みつくは、脚から大流血しても(ひる)まずに、≪雛の世話係≫を巡って、殺し合いのような喧嘩をしていたんやないのけ!


 それが、なんでやねん。
 心配かけるだけかけといて、雛がおらんくなったら、もうラブラブモードかい!?

 なんやねん、そのキスしまくりの乳繰り合いは!




 心配が現実にならずに何よりだったけど、思いっきり肩透かしをくらってしまったふとどき夫妻。

 
 次回は何とかクリッピングを終えた、その後の話です。



                                             つづく


 こんなにそっぽを向き合っていたのですけど・・・。
20070321231725.jpg

 ちなみに、なんで雪之丞の安否ばかりを心配してたかと言うと・・・、ずばり、雪ちゃんは優しいのです。
 どんなに怒っていても、ピーコに対しては、愛情の方が強いみたいで、ケンカをしていても、手を抜く瞬間があるのです。
 もちろん、その隙を女王様のピーコが逃すはずはないワケで・・・。



 あれ? どこかの冴えないふとどきなおっちゃんと似ているような・・・。

FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/332-bbede80b















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。