スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NAMIDA★ 

 ピーコとゆきちゃんの巣引き―――前回は、産まれてきた雛を、里子として出すことにしていたので、名前を付けないようにしました。
 だけど、それではやっぱりあんまりかなぁ・・・と、今回、仮でもいいので、とにかく名前を付けることにしました。

 1号、2号ではあんまりですし・・・、かといってあまり想いを込めてしまうと、別れることが出来なくなりそうで・・・。

 いろいろ考えた末に、産まれた順番に“ハルちゃん”“ナツちゃん”・・・で行こうかと思いつきました。
 えっ、「卵は5つだろ!」だって? ―――ふふふっ、秘策がございまして、最後のコは“正月ちゃん”もしくは“バレンタインちゃん”にしようかと・・・あとは嫁さんの承認待ちです。



 そんなアホなことを考えていた、幸福感に満ちた時間も、今日、一瞬にして凍りつきました。




 実は、その“ハル”が・・・。

 朝のことでした。
 
 ハルの頭部にちょっとした傷が出来てしまい、瞬く間に血が溢れたのです。

 一目見て、助からないんじゃないかと思うほどに。


 
 ピーコはハルちゃんの血で、身体を赤く染めながらも、必死に温め続けました。
 ハルちゃんもバタバタと脚を動かしていたので、ひょっとすれば、一命を取り留めることが出来るのではないか・・・。
 とにかく部屋を温めるだけ温めて、あとはそっと・・・。

 全てをピーコに託すことにしました。
 
 きっと、大丈夫。あとは障害が残らないように、天に願うのみ。


 どれくらい時間が経ったでしょうか。


 祈るような気持ちで巣箱を覗いた時、ハルちゃんの身体は、まるで透き通るかのように白くなっていました。

 首がだらんと伸び、人間の赤ちゃんとなんら変わりなく動かしていたかわいい羽根も、脚も、ピクリとも、動くことはなくなりました。

 つい、さっきまで元気だったはずなのに、生気を失ってしまったハルちゃん。
 
 それでも、ピーコはずっとハルちゃんを抱き続け、怪我の周囲を優しく嘴で撫で続けていました。




 ごめんなぁ。俺に力が無いばかりに。
 お前に春の景色を見せてやれなくて、ごめんな。
 春でも、夏でも、秋でも、冬でも、何回も、何回でも見せてやりたかったのにな。

 本当にごめんなぁ・・・。





 夜になり、ピーコの胸元からハルちゃんの遺体を引き取り、嫁さんの実家の庭に埋葬してきました。
 まだ、口移しでしか食べたことの無いごはん(粟玉とシード)と一昨日までハルちゃんを護っていてくれた卵の殻を一緒に。


 昨日、この日記で“覚悟”という言葉を使いました。
 
 だけど、まさかこんなにも突然に・・・。


“覚悟”なんて無くていいから、あのコに元気に羽ばたいて欲しかった。

 きれいに輝くその亡骸を写真に撮ろうかとも思いましたが、目に焼きつけ、心に刻み込むことにしました。



 すんません。今日はもうこれぐらいに・・・。

 もう二度と、誰も、死なさないからな!

20070207231008.jpg

 ハルとナツの元気な姿。多分、左がハルちゃんです。    ≪2月7日朝撮影≫
 


FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ




スポンサーサイト
[ 2007/02/07 17:54 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(4)

昨日はあまりにショックなのと体調があまり良くなくてコメントできませんでした。
ピーコちゃんと雪君が頑張って産まれたハルちゃん。
ウチのコがピーコちゃんと同じ種という事もあって、勝手にですが、私にとって身近な存在になってました。だからかなぁ、とても悲しかったです。
ピーコちゃん、その後の様子はどうですか?
いなくなったハルちゃんを探してませんか?
ハルちゃんのことも残念ですが、ピーコちゃんも心配です・・・
前に獣医さんからセキセイインコは1滴の血でも命取りになると言われた事がありました。
生後半年くらいのコだったのですが、その位でも危険な状態だったのに、ハルちゃんは産まれたてだったんですよね、、、
でも、短い間でしたがきっとピーコちゃん達の愛に包まれて幸せだったと思います。
すぐには無理かもしれませんが、どうか元気出してくださいね。
[ 2007/02/08 23:20 ] [ 編集 ]

akaihimoから聴いて、急いで来ました。

…胸が締め付けられました。

昨日まで、生命力のパワーに感動していたのに、実はまだまだ不安定で、こんなにももろい生命だったのかと…

せっかくこの世に生まれてきたのに、たった一日で去っていってしまいましたが、そんな運命にもなんがしかの意味があるはず。

ご冥福をお祈り致します。
[ 2007/02/08 19:24 ] [ 編集 ]

・・・・・きっと、ふとどきさんの温かい気持ちに包まれて、ハルちゃんは眠ってますね。
どうか、安らかに・・・
[ 2007/02/08 19:06 ] [ 編集 ]

いつもはインコブログの場合はコメントを書くのを控えてるのですが、今日は嫁の代理で書きます。嫁は泣いてしまって…
我が家ではまるで家で起きた出来事のように悲しみにふけっています。つい昨日までは新しい生命に喜んでいたので尚更悲しいです。上手く慰めの言葉も見つかりませんが、残りの赤ちゃんが無事育つように遠くから祈っております。めげずに頑張って下さい。
稚拙な文でスイマセン。

[ 2007/02/08 00:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/258-3c994b2d















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。