スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

性転換・・・ 

 本日は、このひと月、頭を悩ませ続けてきた千恵蔵のお話。
 ずばり、≪千恵蔵か・・・?≫、その最終章。

 
 一時は完全におかま疑惑を撤回し、“千恵蔵である!”という方針の下、見守ることに決めた不肖ふとどき。


 いっそ、すっきりするために、性別鑑定をしてもらおうと、小鳥の診療を行なってくれる動物病院をやっとこさ見つけ、電話をかけて、費用を問い合わせようとしたのが、今をさかのぼる事、約ひと月。





 プルルルルル・・・プルルルルル・・・・・・ガチャ。
「はい、こちら七曲署」

 ってお約束の展開に、“七曲署”がどこにあるか知っている若者が、果たしてどれだけ居ることやら・・・。
 湾岸署なら通じるのだろうけど、正解は・・・・・・フィクションなので存在していません。

 ファーストガンダムを知らないお兄ちゃんに、キャンディキャンディを知らないおねぇちゃん。
 竹馬に乗れないなどと馬鹿にされた俺達の世代も(俺は乗れました)、ダイヤル式電話のかけ方がわからなかったり、ザ・ドリフターズを知らなかったり、4の字固めの反し方を知らなかったり、リキラリアットがわからない―――ゆうたろうや長州小力だけ知る、携帯電話当たり前世代と、果たしてこれから気持ち良く酒を酌み交わしていくことができるのか?・・・ちょっぴり困った問題です。

 気持ちはいまだに、高校出たばっかくらいなのに、歳月だけは矢の様に過ぎ去って・・・・・・って、今日の脱線はちと長過ぎ。

 すんません。話を戻しまーす。

 
 プルルルルル・・・ガチャ。
 小鳥診療OKの動物病院へと電話が繋がる。

 電話の向こうには、明らかに獣医師と思われる年配の性の声。

「セキセイインコのハルクインなんですけど、いまいち、ろう膜の色がはっきりしないので・・・」

「ろう膜の色?・・・ああ、あんなのはあてになりません!おなかの中を見て、生殖器で判別します!生後半年くらい?ちょっとまだ早いですね。もう少し見守っていて、卵を産めば雌です。産まなければ雄。そういうことです!」

 そんな、乱暴な・・・。

 取り付く島もなく、会話は終わった。
 昔取った杵柄、サラリーマン時代から、電話応対には自信のあるおいらが、けんもほろろ。

 理由は簡単。
“おなかの中を見る”という一言に、パニックを起こしてしまったのであった。

“どうやって?”“レントゲン?”“総排泄腔のこと?”

 冷静さだけには人一倍自信のある(これじゃ相当な自信家に思われるかもしれませんが、そんなことはございません)おいらも、こと御インコ様のこととなると、どうやらからっきしダメなになる様で・・・。




 あ、あのぅ・・・、そういうことじゃなくて、あたしゃ、急ぎでちぃちゃんの性別をはっきりさせたいのです。

 理由?
 もし、“彼”が、“彼”ではなくて、“彼”だった場合・・・、明らかに“おとこ”のきぃちゃんと、“彼”が一緒のケージにいつまでも居たら、近親相姦の恐れがあるでしょうが!


 どうすりゃいいんだ。今更“だなんて”。これ以上、ケージは増やせない。いっそ、雄同士・雌同士にケージ分けるか?いやいや、ピーコと雪ちゃんには巣引き許可を出したばかりだし、万が一、ちぃちゃんが“おんな”でなく“おとこ”だったら、今度は、ピーコとちぃちゃんとで近親相姦の心配をせにゃならん。どうすりゃいいんだ?どうしろというんだ???⇒振り出しに戻る・・・。ぐるぐるぐるぐる。


 こんな感じで、この1ヶ月・・・、悩めども悩めども、答えは見つからず・・・だからといって、かの動物病院にしつこく頼るのは、いよいよの怪我や病気の時まで我慢したい。
 ここで変にもめて、自ら救命ボートを放棄するような真似をしてはならない。

 俺の中の混乱が収まることもなく、次第に、ピーコに雪之丞、きぃちゃんの話題までもがブログから陰を潜めることになってしまった。



 しかし、千恵蔵、やっぱりなんか様子がおかしい。
 最初は少し白っぽいかな、でも“・雪之丞”とまったく同じ色合いだもんな・・・と思っていたろう膜も、いつの間にかすっかり艶を失い、ピーコ以上にがっさがさの茶色に限りなく近いベージュ色。

 いえいえ、そんなことをおかしいと言う前に・・・、“彼”を取り巻く家族達が、“”の場合のそれとは明らかに違う接し方をしているではないか!

 “千恵蔵”として表記すると違和感を感じる文章となりそうなので、以下、愛称の“ちぃちゃん”と記述します。
 

 まず、大の仲良し、兄のKID・きぃちゃん―――仲が良いのはいつものことだが、時折、きぃちゃんがしつこくごはんを上げようとし、それを嫌がって、逃げ惑うちぃちゃんの姿を見かけるようになった。

 そして、お父さんの雪之丞―――すり寄るように彼に近付こうとするちぃちゃん。悠然とそれに応えようとするプレーボーイの雪之丞。今にも後ろに乗っかりそうな勢いに慌てふためくこともしばしば。

 最後に一家の長、VSピーコ戦―――特に目立った変化はないのであるが、ピーコ&雪之丞の新しいケージの中に設置した“巣箱”に異様な関心を抱いているちぃちゃん。ケージの網越しにジロジロジロジロ中を覗き、とうとう金網越しにピーコとやりあう始末。お互い、脚から流血し、痛み分け。


 もともと過去記事、『御名前決定☆(2006/9/13)』の段階から疑いはしていた“のコ”疑惑も、いい加減“♀”と認定しなければイケナイような、状況証拠が出揃ってしまう。


 年を越し、やっと気持ちの整理も付きました。

 ちぃちゃん、あなたは“”です!

 オカマなんてとんでもない!
 ろう膜がどうあろうが、獣医がどう思おうが、誰が何と言おうが、あなたは正真正銘の“女”ということで決定です!

 しゃあない。きぃちゃんとちぃちゃんの同居解消のために・・・嫁さんの実家からキャリーのケージを持って帰るか、と実行に移したのが昨夜のお話。


 さあさあ、我が家の“御インコ様家族計画”―――これからどのようになりますことやら。

 まったく、困ったモンですわ・・・・・・・・・。


 そうそう、今日からお名前も“千恵蔵”改め“チイコ”ちゃんです。
 生後10ヶ月にして、やっと辿り着いた真実。
 イニシャルは同じです。

 皆様、どうか我が家の愉快な御インコ様軍団を、今後ともよろしくお願いいたします。

20070119122434.jpg

 やっと気付いてくれたのね!ほんとに鈍いんだから    byちいこ


FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング 鳥ニンキブログ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 


スポンサーサイト
[ 2007/01/19 22:29 ] セキセイインコ | TB(1) | CM(6)

♪ウィルさんへ~実は面と向かって“千恵蔵”と呼んだことはなかったのです。
ずぅっと“ちぃちゃん”と呼んでいたし、嫁的には“チイコ”だったので、“♀”に落ち着いて正解だったのかもしれません。
[ 2007/01/20 23:52 ] [ 編集 ]

♪ひよっこエンジニアあややさん~コメントありがとうございます。
嫁さんは最初から“チイコ”と呼んでいたので、今回は僕の負けなのでした。
またおいでくださいませ。
[ 2007/01/20 23:46 ] [ 編集 ]

私は前に飼っていたインコの名前を思わず口走ったため、その名前になりました。ウィルソンって。
女のコなのに、、、って今更ですが(笑)
チイコちゃんはもともとチィちゃんとか呼んでたでしょうから、本人もあまり混乱しないで済みそうですね♪
そっか~ちぃちゃんは女のコだったのね( ´艸`)ウフフ
[ 2007/01/20 15:02 ] [ 編集 ]

♪たまごさん~たまごさんはあの、たまごさんなのですね!
(^^A;
良かったらまた足跡付けてください。
[ 2007/01/20 01:39 ] [ 編集 ]

先日コメントいただいてたみたいで。ありがとうございました。

インコさんに名前をつけるときは迷いますよね~
うちでは、どっちでも対応できる名前を付けるようにしてます。
でも、渋くて男らしい名前をつけるのにも憧れます・・(*´ェ`)
[ 2007/01/20 01:32 ] [ 編集 ]

たまご

ぼくたまご
[ 2007/01/20 00:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/222-3a743562


PR: えっ! 赤ちゃんは 5億歳?

えっ! 赤ちゃんは 5億歳?【脳の移植】で【永遠の命】を得た物語
[2007/01/20 04:46] URL ブログ広告「とらクリ」













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。