スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

急患。 

 本日こそあーちゃんの体調が回復してくれるだろうと願っていたんですが、13時30分の時点で検温すると39.0℃。かかりつけの小児科は土曜日、午前診療のみ。離乳食の量も減り、おっぱいも咳でむせて戻してしまうという状況に、栄養すら摂れなくなっているんじゃないかと慌てて夏に入院した大病院に電話する。
 点滴をすることになればまたもや入院となるだろうし、でも、それでもとにかく急がねばと、急患窓口を目指すことに。
 さっきの検温後すぐに解熱剤を嫁さんが入れたのに、14時30分、病院で検温すると39.2℃。
 当直の耳鼻科の先生が診てくれるものの、やっぱりインフルエンザというわけではないらしい。
 食欲は無く、鼻水に咳、だけど元気は良くって機嫌も概ね良いものの時折ぐったり力が抜ける。そして下痢。
 単純な風邪とも、嘔吐下痢症とも確かな病名はつかないまま「消化器系統の余分な水分を抑える漢方薬」を処方される。
「少し苦味があってシナモン系の香りがするので飲みにくいかもしれないけれど片栗粉を混ぜて溶いたりして工夫してみて下さい。この薬の効果と自然治癒力とで案外お子さんは症状が治まったりするので解熱剤は一旦控えて下さい。高熱が出ても汗で冷まされるので、あまり心配しないで下さい」
 これまでの処方と全く異なる治療方針。
「とりあえず母乳を飲む力が有るんだったら大丈夫ですから」
 そういうわけで入院することもなく、点滴の“て”の字も聞かずに病院を後にすることに。
 帰り道、ゼリー状のオブラートを購入し、それに嫁さんが顆粒の漢方薬をすり潰し混ぜて与えるもののあーちゃんは全てを吐き出して・・・工夫の“く”の字も受け付けないとは・・・。
 ただ、そこが転機となったのか、結果としてその後、熱も下がり、お昼寝もぐっすり、夜もニコニコ元気に過ごしておりましたので・・・・・・このまま快方に向かってくれると何よりなんですけどね。
 ちょっとだけ安心。
 後はただただ無事回復を祈るばかりでございます。
 

 


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
スポンサーサイト
[ 2009/10/31 23:53 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/1470-bfee65ac















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。