スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お盆・・・ 

 今年のお盆は特別な予定もなく、のんべんだらりと過ごすことになりそうだ。
 実家への帰省は今日の日の大渋滞を予想して一足先に済ませていたものの、やはり日帰りでは物足りなかった。
 本来だったら嫁さんのおじいちゃんの義理のお母さんの初盆にも行かねばならなかったんだけど、あーちゃんのことも考えて辞退した。
 埼玉の伯父さんも初盆だ。
 歳を重ねるごとに、誰かが居なくなってしまうのはとても寂しいことだけど、それもまた避けては通れぬことなのだと思うと何ともやり切れない。

 先祖の御霊が帰って来ると伝えられるこの日。
 両親と離れて暮らし始めても気にも留めなかった若い頃。けれど、いざ家庭を持ち、子供を育てるようになると親の有り難さが改めて身に沁みる。
 親に歯向かうこと、大人に牙を剥くことこそが俺のアイデンティティの根本だった。
 四十を目前に控えても、世の中に妙な体制があるのなら、それに対しては牙を剥き続けねばならないと覚悟している。だけど親に楯突く理由なんてとっくに無くなった。アレは理屈なんかじゃなくって衝動だったんだと思う。それ以上の分析をするのは面倒臭い。それで良いと思う。
 悲しませたのは事実だけれど、後悔なんてしたくはないし、申し訳ないとどこかで思うのならばその分、有り余る親孝行を自分に課せば良いのだと思うことにしている。
 家族が一緒に居ることの素晴らしさ。それが叶わぬ時に寂しさを噛み締めることも、またひとつの親孝行。だって、確実に親のことを思っているわけだから。親が大切に子を育てた証だから・・・。
 若い人はカチンと来るかもしれないけれど、若い頃には気付かないことやわからないことって有るんだと思う。
 今、無理して理解する必要なんて無い。必ず“時”が教えてくれる。それで良いと思う。

 こんなことアレコレ考えていると、人間なんてつくづく因果な生き物だって思ってしまう。だけど、それでも良いと思う。
 死んでしまいたいくらい苦しい時は幾度も有ったけど、今はそれなりに楽しく生きさせてもらってる。
 感謝の心を忘れずに、先人に思いを馳せる夏休み・・・。
 

  





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
スポンサーサイト
[ 2009/08/13 23:57 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

♪akaihimoさんへ

いろいろ考えていると本当に寂しくなりますね。
だけど大切に後世に伝えたい行事でもあります。

人はひとりでは生きていけない社会的動物ですから、誰かに想ってもらえることは何よりの供養なんだと思います。
俺だって、たとえ生命を落としたとしても、忘れ去られたくないですもん。
だからこそ、「忘れられないような人生」を歩まないといけないんですよね(^^)
[ 2009/08/15 00:03 ] [ 編集 ]

本当にそうですね。
毎年誰かを見送って、毎年誰かの初盆を迎える…

大切な事に気づかせてもらってます。
[ 2009/08/14 10:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/1380-ad1f8b6d















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。