スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

緊急入院・・・(その1) 

 昨日の最後の画像をアップしている最中、嫌な感覚が脳裏に走った。
「こんなにもかわいい表情をしてくれるあーちゃん・・・万が一、これが最後の写真にでもなったら俺はどうすればいいんだろう・・・」―――日頃、いろんな余計なことを考えるようにしている。なるべく、あれこれ。そしてそれにはネガティブな発想も多分に含まれる。ストーリー作りを目指す上での悲しき習性。

 あの後、間を置かずに息子の眠るベッドへ向かった。本当だったら、すぐにでも救急病院に連れて行きたかった。でも夜間救急病院に行けば解決する問題ではないことも、慌てて読み漁った育児書のお陰で承知していた。直前まで授乳も受け付けていたという。夕方、軽く離乳食も食べていた。大丈夫。機嫌も上々。きっと大丈夫・・・・・・なはずだった。

 午前2時。ギャンギャン泣き叫ぶ我が息子。闇の中で嫁さんがやさしく抱きしめる。時々俺も交替する。泣いても泣いても小さな身体の奥から絞り出されてくる悲痛な声。喉がイガイガした時のように、絶えず「ん゛ーっ!」っと喉を鳴らしながら・・・。気が付けばそれは1時間以上も続いていた。最も夜泣きが酷かった時から見ても、同等かそれ以上。そのうちおっぱいも受け付けなくなり、泣き止んだかと思ってもまたすぐにむずがり・・・・・・「とにかくなんとか休養させて、朝一番で小児科に行こう」。解熱剤はあるけれど、今使っちゃいけない。せめて汗を拭き取り、冷却剤で頭を冷やし、楽な体制にしてあげるしかない。息子は頑張って病気と闘っている。俺たちが痺れを切らしちゃダメなんだ。わざわざ言葉にせずともそんな覚悟で看病を続ける嫁さん。彼女が看護師というだけでどれだけ気持ちが救われることか。俺も辛抱して見守ってあげるしかない。

 夜が明けるまでこんな状態を数度繰り返し、日が昇ってしばらくしてから少しだけ落ち着いてくれた。「今度目覚めたら病院に行こう」・・・全ての予定をキャンセルし、午前9時過ぎ、小児科の受付を済ます。
 問診の後の体重測定では8,525g。ぐんぐん増えていた体重が、動きが活発になったお陰でこの頃微増となっている。またヨダレも随分と少なくなり、ちゃんと唾液を飲み込めるようになった。そんな小さいけれどしっかりとした成長の証に喜んだばかりというのに、今日の彼はダラダラと垂れる液体で服の襟元を濡らしていた。さぞかし辛いんだろう。ちゃんと先生に診てもらおうね。
「うわー、凄いですねぇ。夏風邪の一種なんですけど・・・。手足口病って聞いたことありますか? それに似たウイルス性のものです。手足口病が口の中にだけ出来たみたいな感じで、喉の奥、喉ちんこの周りに大きな口内炎がたくさん出来てしまってます。これだけ有ると痛くてお乳も唾液も飲めないでしょう。じっとしていても痛くて痛くてどうしようもないはずです。ちょっと私もこの月例(生後6ヶ月)のお子さんでこれだけの炎症を起こしている子はこの一年間で見ていません。いきなりこういうお話をするとお母さんもお父さんもびっくりされるでしょうが、点滴して水分や栄養をあげないと危ないんですが、2時間、3時間掛けて点滴しても一日に必要な分量をこのくらいの体重のお子さんに一度であげることは危険なので出来ません。ですので入院された方がよろしいかと思います」
 にゅ、入院・・・。突然の言葉に頭の中が混乱する。
「すぐに乳児を受け入れてくれる大きな病院に問い合わせて紹介状を書きますんで、落ち着いて下さいね」・・・・・・点滴さえ出来れば良いのだ。それが出来れば生命に危険が迫るわけではない。だけどこのままでは脱水症状を起こし栄養も摂れずに、恐ろしい状態に陥ってしまう。

「家で点滴してあげられないの?」
 紹介状を手に、駐車場の車へ向かう途中、まだ少し混乱している頭で嫁さんに問い掛ける。
「出来るわけないやん。あかちゃんの血管なんて細くて出ないし、暴れて泣き叫ぶから数人掛かりで押さえつけて先生に入れてもらうような感じになるんよ」
 

 小児科と我が家との中間に在る病院にそのまま直行する。嫁さんのお義母さんが職員として今年3月まで勤めていた病院。時計は11時を回り、わずかの間にあーちゃんの体重は5,475gまで減少していた。頑張れ。負けるな。

「ヘルパンギーナという病気です。急性咽頭炎です。前の病院の先生に言われたと思いますが、点滴をするために入院して頂くことになります」
 改めて丁寧に息子の状態を説明して頂く。
 大丈夫、お前なら勝てる。こんなウイルスくらい叩き潰せるに決まってる。そして病気を乗り越えたらより身体も強くなる。どんどんどんどん強くなる。だから今は心配せずに、ゆっくり身体を休めるんだよ。お母さんがずっと付き添ってくれるし、お父さんも許される限りは傍に居るから・・・。


                                       つづく。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
スポンサーサイト
[ 2009/07/22 23:51 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/1353-3b80de14















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。