スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10カウント・・・ 

 前略

 もう馬場さんにこっ酷く怒られましたか?
「俺のバックドロップじゃケロッとしてたくせに何やってんだ!」って、ジャンボさんに怒鳴られませんでしたか?

 プロレスリングの神様と鉄人には挨拶に行かれました?
 案外、鉢巻を締めたあの人が、「お疲れさん! まずは飲みましょう!!」なんて脳天気に引き止めてるかもしれないですし、サムソンが顔をくしゃくしゃにしてあなたの背中をさすり続けているかもしれないし、サンボなんかが「付き人にして下さい!」って土下座して足止めしてるかもしれないし、ゴディーがゲーリー連れて対戦要求を突き付けてるかもしれないし、鉄の爪だの黒い魔人だの金髪の妖鬼だのアラビアの怪人だの銀髪鬼だの生傷男だの壊し屋だのって“伝説”達が世界一バンプが巧いと称えられた“坊主”見たさに腕組みしてニヤニヤ通せんぼしてるかもしれないし・・・・・・。

 ホークとかビガロとかって相変わらずですか?
 クロネコさんとは仲良くなれそうですか?
 テンタは懐かしがってました?
 この際、ペガサスとヘビーでやるのはどうですか?
 あなたの試合を裁きたいって、テッドまで慌てて逝っちゃいましたよ・・・。
 

 プラムは相変わらず輝いてますか?
 俺の兄貴分、ヨネ山口がサイン色紙持って待ち構えてませんでしたか?

 気難しい超獣とプロレス界の未来について会談してみてはどうですか?
 いろいろ言う人居ますけど、俺、彼のこと大好きなんです。


 でもやっぱり・・・・・・何よりも義を重んじるあなたのことですから、馬場さんとジャンボさんの次は“日本プロレス界の父”の所ですかね。
 一礼の後は・・・・・・きっと思いっきり胸を張ってるんでしょうね。
 荒海を箱舟で航海してきたんですもん。当然ですよね。
 あっ、ダメですよ。ファイターとしての血を騒がせちゃ。
 とことん鍛え上げられたその胸板を差し出して、かの空手チョップを受けてみようなんて企んじゃ。
 ビクともしないくらいわかってますって。
 ただ、あなたが反射的にエルボーでも叩き込んでしまった日には、とんでもない騒動になっちゃうじゃないですか。
 それで永久追放でもされた日には・・・・・・・・・こっちに帰って来てくれますか?
 

 静かな、静かな性格のクセに、あなたの鮮烈なフィニッシュはスポーツ新聞の一面総ざらいですよ。
 一般紙でも、ニュースでもあなたの死を悲しむ声で持ちきりです。
 海外でもたくさん取り上げられたとのこと。
 あなたが信じ、貫いたプロレス道は、世間様に、充分、“認知”、されていたんです。




 何でだよ。
 あんたの最期がどうしてこんなんなんだよ。
 なぜ最後の1回を、受け損じちゃうんだよ。

 暗闇を切り裂くエメラルドグリーンの光と、スパルタンXのメロディーを僕達は永遠に忘れない。
 
 
 こんな形で言いたくはなかったけど、でも、本当にお疲れさまでした。
 あなたの意志は多くの者が受け継ぎます。
 もっともっと練習して、妥協の無いプロレス道を究めんと皆が奮起するはずです。
 リングの中の安全管理もより一層喚起されるはずです。
 誰ひとりとしてあなたの意に背く者など出ないでしょう。
 万が一、そんな輩が居るとしたら・・・僕達がそいつのプロレスラーって肩書きを剥ぎ取ります。
 あなたの大きな大きな背中を今はただ、ゆっくりと休めて下さい。 

 心より三沢光晴選手の御冥福をお祈り申し上げます。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
スポンサーサイト
[ 2009/06/15 23:50 ] 格闘技 | TB(0) | CM(2)

♪マルメラーダの師匠へ

三沢選手の密葬が終わりました。
プロレス界の至宝を失った悲しみもさることながら、御家族のお気持ちを察するとやり場のないものがこみ上げて来てどうしようもありません。
心より御冥福をお祈り申し上げます。

今回の事故で、安易にプロレス廃止論などを唱える識者も居るのでしょうが、とてもそれが解決の糸口になるとは思えません。
一生懸命頑張った者が、安心して生活して行ける・・・そういうファンもお金も惹きつけるような魅力有る業界作りを模索して行かなければいけないのではないかと思います。
誰かが死んだだの、廃業した○○が落ちぶれただのって類の話は二度と聞きたくないのです。
きちんとプロレスを愛するためにも、しばらくあれこれ考えてみたいと思います。
[ 2009/06/20 02:19 ] [ 編集 ]

たまらない。
たまらないんです。

俺らの青春時代は、Jとエメラルドグリーンの激突でした。

もう二人共いないなんて。。

もう一度、もう一度、プロレスを愛し直す時期ではないでしょうか?
[ 2009/06/17 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/1308-fa8c2096















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。