スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グッ・・・ 

 世の中には理不尽でもグッと堪えねばならないこともある。

 そんなことわかっている。
 それに忍耐強さには自信もある。
 それが仕事上の相手ならば、尚更耐えねばならない。

 だけど俺の周りの人間を侮辱するような、愚弄するようなことを言われれば、自らですら制御出来ないような怖い“自分”が現れることがある。
 だからと言って暴力に走るような年頃でもない。でも、だからこそ性質が悪い。

 今日はそんな“耐えねばならぬこと”があった。
 そして、“耐えた”。
 ちゅうか、通りすがりの見も知らぬおばはんが、我が家の事情も息子の生活リズムも体調も知らないクセに「かわいそうやったなぁ」って我が子に声を掛け、去って行ったのだ。
「何が?」「どういう風に?」「どうして?」―――ふざけるんじゃねぇよ!
 俺と嫁は、“きちんと”この子のことを見つめ、考え、悩み、ベストを尽くして育てております。
 身近な方が、あるいはこの『ふとどき日記』を御愛読して下さっている方々がアドバイスしてくれるならまだしも、何が悲しゅうて知りもしないあんたに捨て台詞をもらわないかんのや!!

 ベビーカーに乗った息子を置き去りにしてまで追いかけるわけにはいかなかったけれども、グッと堪えたやり場の無い憤りにまだ支配されている不肖・ふとどき。


 やっぱり堪えるしかないんだろうな。
 せめて、酒でも飲むとするか・・・。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
 
スポンサーサイト
[ 2009/05/21 23:59 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futodoki55.blog52.fc2.com/tb.php/1278-42305c19















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。