スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

肖像権。 

 最近ちょこちょことBABYの画像を『ふとどき日記』上にUPするようになった不肖・ふとどき。

 実は嫁さんが妊娠してる頃から、赤ちゃんの画像をどう取り扱うか、いろいろと考えておりました。
 厳格なことにこだわれば“肖像権”は誰が有しているのか・・・。
 まぁ、ひとりひとり、各々が自らの人権として持ち得るものですから、本人の承諾を得るのが本筋なんでしょうが、そんなこと言ってると、ウン年、ウン十年、あかちゃんの画像を公開出来ないことになっちゃいますから・・・。
 来日しておりましたブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーさんちのお子さんのように、生まれながらにしてその姿にウン億円のギャラがついたりすることはございませんでしょうが、やはり“我も人の子”・・・うちのかわいいお子の姿を少しくらいはお披露目したいですからね。

 で、ふとどき流のひとつの答え↓↓↓↓↓

200901311730000.jpg
 自分の顔も曝せば良いかと。
 ちゃんと正面向いていないですけど、今まで毎日『ふとどき日記』を書いてきて初めて自らの画像公開でございます。
 まっ、プロフィール欄に横顔を貼っつけておりますけれども、あれは画質が粗いですから・・・。






 って、やっぱ正面向かないのは卑怯ですかね・・・。
 ボケ顔+頭ボッサボサですけど↓↓↓

200901182216000.jpg
 改めるまでもないとは思いますが、『ふとどき日記』上の画像、及び文章の無断転載、不正使用は一切お断り致します。
 本日はこれにて!



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選


スポンサーサイト
[ 2009/01/31 23:47 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(2)

暗闇に蠢くもの・・・ 

 御インコ様のおかげで、我が家のリビングの消灯時間はかなり早目となっております。
 TVを見てはいるのですが、彼らのケージには夕食が済み次第カバーを掛けるようにしておりますし、人間サイドの気遣いったらそれはもう・・・。
 もっともこちらの気配が有ると暗くても万全ではないみたいなんですが、一応、人間側が御インコ様の生活リズムに合わせる形で長いこと生活しております。
 だから、あかちゃんを迎えたところで、太陽の動きに合わせたまっとうなリズムで育てていくのはちっとも心配してなかったのですが・・・・・・うちの息子は誰に似たんだか、完全に夜型の生活リズムを貫いておりまして・・・。

 昼間に起きてる時間よりも、圧倒的に夜起きてる時間の方が長いのです。

 もちろん、仕事のスタートが早かろうが遅かろうが、基本夜型人間のショートスリーパー=おいらにとってはさしてたいしたことではないのですが、元々23時には眠る習慣の嫁さんにはちょっと大変なようでして・・・。
 まっ、睡眠時間が短い分、深い眠りの時にはビクともしないおいらがエラそうなことを言う資格は無いのですけどね。
 なんてったって、彼女は息子の泣き声には完璧に反応しているのですから。

 そういうことで、最近の我が家には明かりを落としても元気いっぱいの夜泣き王子に、睡眠不足の日々に追われる嫁さん、なかなか訪れてくれない睡魔を心待ちにしているおいら・・・と、蠢くもの共の気配が充満しております。
 
 もっとも、鳥さんは夜目が利かないなんてのは人間の勝手な思い込みでして、うちの御インコ様達は明かりが無くてもおいらと同程度の視力があるようでございます。
 明かり消してもしばらくは元気いっぱいですもん。
 先日、鳥専門の獣医さんに“夜目”のことを確かめたら、「日頃生活している所だと勘も働きますし、実際結構みえているみたいですよ」ってお墨付きを戴いたくらいですから。

 良いコの皆さんは暗くなったら早く寝ましょうね♪



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/30 23:58 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

台所を預かるもの・・・ 

 やると決めたからにはとことんやろう・・・という性格にいつの頃からかなってしまった不肖・ふとどき。多分、本人も気付かないうちに宇宙人にさらわれて、身体に変なチップを埋め込まれたからだろうと能天気に分析する元・三日坊主。
 なんてつまらない冗談はさておき、やっぱり、『ふとどき日記』を始めたことが大きな転機になってるんでしょうなぁ。

 で、何を“やる”のかといいますと、もっぱら「出産後、1ヶ月は上げ膳据え膳で」という産院の教えをやり遂げることでして・・・・・・執念深い性質の嫁さんに「あなたは私が大変な時でも何も手伝ってくれなかった」だの、「この子は私が一人で産んだ」だのの嫌味を将来言われるのが絶対に我慢出来ないだけのこと。やはりおいらも輪を掛けて執念深いモンですから、こういうことは意地でもやり抜きます。

 まっ、そういうわけで、嫁さんが退院して3週間経過しましたけれども、作り置きだの、嫁さんのお義母さん&お義姉ちゃんの差し入れだの、たまに惣菜買ったりだので誤魔化し誤魔化しではあるものの、何とか自らに課した任務を続行中でございます。

 逆手に取ればやりたい放題・・・なんて言ってちゃ、真に「台所を預かっている」とは言えないんでしょうけど、昨日はカレーを久々に仕込みまして、こっそりそこにあるものを・・・・・・いえね、何やら、ネットでにわかにケンタッキーカレーなるものが話題になっているとのことでして、好奇心旺盛な38歳は早速、近所のケンタッキーに足を伸ばして決行したのでございます。
 
 本当は、ケンタッキーフライドチキンのオリジナルチキンから骨を取り除いてカレーと一緒に煮込むみたいですけど、それじゃあ、もひとつおもしろくないと、“1ピースまるごと鍋にドボン! ×3ピース”。この数式(ではないけどね。正確には・・・)の答えはいったいなんでしょう?


 答えはですね・・・・・・・・・俺もまさかそんなことになるなんて思いもしなかったのですが・・・・・・・・・嫁さんに激怒されました。
 ただでさえ、カレーはカロリー高いのにもってきて、かなりの高カロリー食になることは覚悟していたのですが、まさか「ケンタッキーはそのまま食べた方がおいしいに決まってる!」だの、「家計をまじめに考えてない!」だの、“口をきいてくれない”だのって事態に至るとは・・・。

 まったく、冗談の通じない人だ。

 確かにね、わざわざ投入する必要は無かったと思います。
 それに今回のカレーはそれ以外の隠し味もバッチリ決まっているので、結構うまい!!
 だ・け・ど・・・。

 もう嫁さんは口にしてくれません・・・。
 一応、今日も頑張って息子を沐浴させて、料理作って、家事をこなして・・・ですので、口はきいてくれるようになりましたけど。

 残された大量のカレー・・・。
 イチロー選手が“毎日昼食カレー”生活を昨シーズン途中で止めたことを風の噂で知りつつも、いまだに“毎日カレー”のおいらにとって、沢山のカレーがあるのは別に苦でもなんでもないのですけど・・・。

 いつにも増して“・・・”の多い文章となってしまっている今宵の『ふとどき日記』、今日はこんなところで勘弁して下さいませ・・・・・・・・・・・・・・・。




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/29 23:56 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

瞳に映るもの・・・ 

 数え年40歳の新米父親、ふとどきでございます。
 自分が息子にとってより良い親となれるように、また彼がナチュラルに成長していけるように、あまり過度な期待をかけることはするまいと思っております。もっとも、まったく期待しないというのもどうかと思いますので、加減して、相応の、・・・・・・と、考えてはいるのですが。

 まだ我が子も生まれてわずかですので、モノの本によりますと、はっきりとした視力は無いとのこと。
 わかってはいるのですが、昨日、両親と伯母さんが対面した時もそれぞれの腕に抱かれながらじっと顔を見つめておりましたし、嫁さんに抱かれている時もしっかりとその眼を見据えております。
 残念ながら、俺が抱くと最初こそ顔を見るものの、すぐに視線を逸らします。
 誰かに教え込まれたように。まるでピーコ一家の面々のように。
 そのくせ、俺が抱いたままTVの方に視線をやると途端にぐずり始めるんですから、まったく、たいした王子様です。
(絶対にお前見えてるやろ!)

 そんな1月3日生まれの坊ちゃんが、じっとTV画面の中の人物を見つめていたことがこれまでに2度ほど。
 最初は歴史を動かし、更に大きく時代を変えていくであろうアメリカ合衆国第44代大統領・バラク・フセイン・オバマ・ジュニア。
 そしてお騒がせはするけれど、先日の初場所で比類なき強さを見せ付けてくれた第68代横綱・朝青龍明徳(本名:ドルゴルスレン・ダグワドルジ)。

 見てたやろ。絶対、オバマ大統領と朝青龍関を見つめてたやろ!!
 おいおい、お前、目指すモンがスゲエなぁ・・・。

 つい、そんな風に感じてしまう父・ふとどき。
 まぁ、おいらも人の子ということで・・・。
 

                                   (文中一部敬称略)
20090128231359

多分、見えてるはず・・・。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/28 23:54 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(2)

肩の荷・・・ 

 今日はうちの両親と伯母さんがはるばる大分の田舎から我が家を訪ねて来てくれました。
 年老いた両親にはおよそ往復300kmの距離を運転して来るというのはなかなか大変な話で、一昨年暮れに新居に越して以来、今回がはじめてのこととなりました。

 本来なら我が子を連れて実家を訪れたかったものの、やはり首も据わらぬ状態では無理な話。
 産まれてすぐにお披露目したかったんですが、両親の仕事や天候(特に先週末のドカ雪)、こちらの事情等が重なって、やっとこの日を迎えることが出来ました。

 典型的な“親不孝者”のレッテルをゆっくりゆっくりではございますが剥がすことが出来るようになって・・・・・・感無量というか、なんというか・・・・・・やっと肩の荷が下りたような気がして、珍しく夕方からぐったり寝込んでしまいました。

 自分の一途な思い込みをただ綴るのではなく、誰かのために、何かのために、たとえそれが変わりそうもない国家が相手だとしても、真剣に、誠実に“モノを書いていきたい”と願っているふとどきではございますが、今日は両親ともう一人の母とも言える伯母さんとをもてなすことが出来ただけで余力を使い果たしてしまいまして、本来書きたかった内容を変更して本日の御報告をするのがやっとと相成りました。



 ネットカフェ難民や派遣切りに遭った皆さん。
 一日100円以下の食費なんて、俺も当たり前だった過去があります。
 仕事絡みで大きな裏切りに遭い、うつに陥ったことも数度あります。
 だけど、往生際の悪い性格が幸いして・・・・・・あきらめることが出来なかった。自分の人生をあきらめることが出来なかった。
 だから歯を喰いしばった。
 そして、“運”を掴むことが出来た。
 贅沢なんて出来る身分じゃないけれど、それでもなんとかここまで来れた。
 俺の綴る日々が皆さんの何かのきっかけになるのなら・・・。
 それは大きなお世話かもしれないし、奢りかもしれないけれど・・・・・・・・・でも、あなたにも幸せは訪れるはずだから。
 だから、あきらめないで。
 今は寒さに身を凍えさせる日々だろうけど、春は必ず訪れるはずだから・・・。
 




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選

   
[ 2009/01/27 23:57 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(4)

たからもの。(BlogPet) 

ふとどきの「たからもの。」のまねしてかいてみるね

たまには画像も載っけようかと思いまして・。

*このエントリは、ブログペットの「三太郎」が書きました。
[ 2009/01/27 09:20 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(0)

たからもの。 

 たまには画像も載っけようかと思いまして・・・。

2009=01=03 18=13
                                   【1月3日撮影】
 我が家の王子、産まれたばかりでございます。






2009=01=03 18=16(2)
                                   【1月3日撮影】
 産婦人科・分娩室の控え室にあったモニターの画像をいてもたってもいられずに撮りました。






2009=01=12 16=45
                                   【1月12日撮影】
 随分感じが変わりました♪ 
 かわいくって仕方ありません。






2009=01=21 00=04(3)
                                   【1月21日撮影】
 夜泣きが止まりません・・・。
 それでもかわいい・・・。






2009=01=22 11=17
                                   【1月22日撮影】
 すやすやと眠っております。
 つい1年前には影も形も無かった存在。
 だけど、今はかけがえの無い存在。
 たからもの。

 




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/26 22:40 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(2)

まったり・・・ 

 年末から嫁さんの出産に日々のお見舞い、1月8日にあかちゃんを我が家に迎えて以降は本業に主夫業にとめまぐるしく過ごしていた不肖・ふとどき。
 アルコールを一滴も入れずに年を越すなんて、ちょっとここ10数年記憶に無いもんで、不思議なお正月でございました。
 それなりに休みはあったんですけど、やはり初めての子育てということもありまして、東奔西走の日々。
 昨日、散々雪で痛い目に遭いましたので、今日こそは家に籠ってゆっくり過ごそうと決め込みまして、年が明けてやっとこさまったりと過ごすことが出来ました。

 昨日はですね、我が家から10km強の大工さんの家に朝6時前に到着し、そこから彼の車で約50km離れた現場へ雪のちらほらする中、道路事情を心配しながら出発したのですけど・・・。
 もうスタートして間もなく、九州では珍しいほどの量・雪質の雪が降って参りまして、すかさず大工さんは現場監督さんに現場に行けそうにない旨の連絡を入れたのですが、「こっち方面は降っていないし、工程上なんとか今日してもらえないか」と懇願されて・・・。
 あきらめて高速道路のインターチェンジを目指し再発進した直後、どんどん前の車が溜まり始めて嫌な予感。それもなんと2、3kmはあろうかというバイパスの陸橋状態の途中で完全ストップ。
 腰高程度の中央分離帯もあり、引き返そうにも引き返せないという状況で立ち往生すること実に1時間半以上・・・。
2009=01=24 07=41(1)



 やっと車がのろのろ動き始めると、思いっきり土手っぱらに突っ込まれたトラックにコンクリートミキサー車、前がグシャッとなった軽自動車の3台が路肩に停まっておりました。
 足止めを食らっている最中、バイクも2台引き返してきましたから、完全に2車線を塞いでいたんでしょうな。
 更にその先で1台自損事故しとりましたし・・・。
 まっ、幸いその後は高速道路も50km/h速度規制こそ出ておりましたが、無事に通れましたので、大幅に遅れつつも8時半にはなんとか現場に辿り着きました。
 いつもの“スーパーハード”よりも更に坪数の多い現場でして、まぁなかなか・・・それでも二人のコンビネーションも板に付いてきましたので順調に作業は進み、18時前には現場を離脱することが出来ました。
 まぁ、休憩時間は半分に減りましたし、いつもの如く汗びっしょりですし、最後の1時間は雪がじゃんじゃか降る外で作業しとりましたから、おいらは全身濡れまくっていたんですけど。
 さすがに帰りは頼みの高速道路も雪で封鎖され、みぞれにぼた雪、粉雪三昧。シャーベット状の道路に凍結、猛吹雪・・・前の車の轍も車が進まぬ間に白く覆われ・・・・・・皆さん慣れぬ雪道での運転で大渋滞。たまに現れる歩行者よりもずっと遅い車の流れ。スリップ、エンジンストップ、チェーン装着に事故なんて光景が至る所で繰り広げられとりまして、福岡の大幹線道路といえども、完全麻痺状態。
 もっともおいらは助手席だったんですが、やっぱり気の使い方っちゅうのは半端じゃございませんから・・・。
2009=01=24 20=58
(さっぱりわけわかんない写真ですが・・・)

 のろのろのろのろ・・・・・・ひたすら停まるかのろのろかで、4時間半以上かけて大工さんちに命からがら戻りまして、そこから自車に乗り換え、緊張のエンジンスタート。なんとか23時10分頃帰宅の運びとなりました。

 帰りはエンジンを切るのが怖くて二人揃ってトイレすらずーっと我慢しとりまして、さすがにインナーのシャツはある程度乾いておりましたが、靴の中身は相変わらずのジトジトで、運の悪い一日だったとみるか、最悪の条件下にも関わらず、無事に任務完了出来て運の良い一日だったと考えるかは見方次第なわけですけど、遅くなったとはいえ、日付が変わる前に我が子の寝顔が拝めたのは何よりもうれしゅうございました。

 そんなわけですので、今日は完全休業日。
 それでも家事はこなしておりますが、昼間っからビールめを空けて上機嫌の一日だったのです♪

 それに・・・・・・初めてあかちゃんを沐浴させてあげることが出来ました。
 本来ならばもっと早くに、この手で身体を洗ってあげったかったのですが、「沐浴はなるべく毎日同じ時間帯にした方がいい」という助産師さんの御指導に従おうとすれば、日々の仕事の時間帯が不規則なおいらが担当することは必然的に無くなりまして・・・。

 名前も決めたし、おむつも替えて、お風呂にも入れたげて・・・・・・・・・なんだかやっと“父親デビュー”後、ひと段落ついたってところでございます。
 もっとも、ここから先があれこれ本当に大変なんでしょうけど。

 えっ? 名前は何て言うんだって?

 それはまた、別のお話で・・・。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選




 
[ 2009/01/25 23:03 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

立ち往生に大渋滞・・・ 

 今日の福岡はほぼ一日、大雪。
 それでもスーパーハード現場に出勤したのですが・・・。

 詳しくは改めて書きますが、つい先ほど帰宅したばかりです。
 行きと帰りとでエラい目に遇いました・・・。

 何とか午前様にならなかっただけめっけもん。

 っちゅうことで、とりあえずの簡易更新でした。




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/24 23:56 ] 便利屋こぼれ噺 | TB(0) | CM(2)

1月3日。 

 突然の上部破水(高位破水)によって出産予定日の一週間前、1月2日に入院することとなった嫁さん。
 ちょろちょろとした羊水の流出量は想像していた“破水”というイメージとは程遠く、どうなることかと気をもんだものの・・・。
「確かに破水しています。でもいきなり出産ということではないので、感染症の予防のために抗生剤を飲みながら陣痛が来るのを待ちましょう。まずは今日、陣痛促進剤を飲んでみて様子を見ましょう。変化が無いかもしれませんが、とりあえず3回分処方します。今日中に強い陣痛が起らなくても、2・3日は余裕がありますので焦らずに続けてみましょう」
 当直の医師の言うがまま、その日はそのまま入院することとなった。

 長い一夜が明けて1月3日。
 結局、錠剤の効果は表れないまま、嫁さんのお姉ちゃんの誕生日を迎える。
「今日産まれたらいいけど、この調子じゃいつになるかわかんないね」
 慣れぬベッドで、眠ることも、眠り続けることもろくに出来ぬ夜を過ごし、精神的に煮詰まる嫁さんの口を不意についたその言葉。
 焦らせるわけにも、頑張れと言うわけにもいかぬ俺は、ただただ彼女がリラックス出来るような振舞いを模索する。

 まだお正月、三ヶ日。
 当直は別の先生に変わり、いきなりの方針転換。
 陣痛促進剤の点滴を打ちながら、経過を見ることに。
 てっきり病室での点滴かと思いきや、防水シーツやナプキンなどが入った御産セット持参で分娩室に移動。
 午前11時、点滴開始。
 嫁さんもつい職業柄、一時間あたりの点滴の量を確認する。
「MAX120ml/hくらいですかねぇ・・・」
 助産師さんの言葉を耳にしながら、点滴の機械に目をやると10mlの表示。
「夕方くらいまで点滴の量を徐除に増やしていってみて、陣痛が弱いままならまた明日チャレンジしましょうね」
 焦ってもしょうがないのだ。手は尽くしている。あとは薬に促されて強い陣痛が来るのを待つばかり。
 分娩室のソファーに腰掛け、妊娠が判明する前後の記憶を手繰り寄せる。
 嫁さんの性格上、あんまり大げさに心配したり、せっせとサポートするのはかえって反感を抱かれるだけ。幸い、ソフロロジー分娩教室でも「皆さんは陣痛を『もうすぐ赤ちゃんが生まれてくる喜び』として受け止めましょう。旦那さんに背中をさすってもらったりするのはなるべく控えて、産むことに向けて集中しましょう」と指導された。俺は傍に居るだけでいい。お義姉ちゃんは「立会出産を望んでいる旦那さんも、たいていは逃げ出したくなるみたいよ」って言っていたけど、そんな感情はちっとも湧いてこない。嫁さんがHELPを求めた時だけ動けばいい。それまではひたすら筆を走らせ、見守っていればいい。―――ソフロロジーのトレーニングで何度も聞いたB.G.M.の流れる分娩室で、自分の成すべきことを、そう、確認した。
 部屋の壁にあったホワイトボードには子宮底長が33mmと記入されていた。子宮口の開きが10cmで全開のはずだから、まだまだ先は長いということか。破水による赤ちゃんの感染症予防の対策は問題無い。無用な心配は止めて、今はただその時が来るのを待つだけ。

 メモ帳に「あの日」(『ふとどき日記』2009年1月9日付記事)の原文を書き終えた時、既に時計は14時30分を回り、何度目かの内診を終えていた。
 これまで特に大きな変化は見られず。
 内診の度に分娩室を追われ、通常の控室で待機するというのは辛い仕打ちだったが、あくまでも嫁さんが主役の出産なんだから、それもまたやむなし。
 いつの間にか休みのはずの院長先生が現れて診察に当たるようになっていた。
 微弱陣痛は訪れるものの、本番の激痛はまだ。
 しかし、14時半の院長内診後、段々痛みが増してきたとのことで、それはそれで素直に喜べるわけではないものの、痛まないよりは痛んだ方が良いという複雑な事情。
 それでもまだ陣痛の波が弱いとのこと。どんだけ我慢せないかんのや!

 14時50分。
 再び内診を終えた院長が控室にやって来る。
「子宮口の開きがあまり変わりません。まだまだ陣痛も弱いので、このままだと帝王切開になるかもしれません」
 へっ!? て、帝王切開? まだゆとりがあったんじゃないの? 陣痛が強くならなきゃ、明日再度チャレンジするんじゃなかったの?
 今まで強く、強く抑え込んでいたマイナス思考が爆発する。
 確かに、不測の可能性については覚悟した。昨日、この病院を目指す車の中でケンカした時、「ヘタしたら一緒に帰れない事態も有り得るって覚悟してんのに、こんな時にケンカすんのやめようや」って、口に出しもした。
 だけど、そんなこと、望むはずもない。
 なのに、なんで突然、帝王切開だなんて・・・。安全性の確立されている手術なのは重々承知。だけど、不運な事故というのも、完全に“ゼロ”ではないはず。どうしていきなり・・・・・・。

 微弱とはいえ、仮にも“陣痛”と名のつくものと対峙している嫁さんの横で、それまで不謹慎にも眠気さえ覚えていたのだが・・・・・・リラックス効果の高いソフロロジーの音楽をほぼ眠らないままの一夜を過ごした身体で聞いたのだから仕方ないと言えば仕方ないのだけど・・・・・・と、眠気の分析をしていた冷静な自分があっという間に消し飛んだ。
(どうすればいいというんだ。どうか無事に出産出来ますように。帝王切開ではなく、なんとか自然分娩出来ますように・・・)

 15時15分。 
 内診。
「4cmくらい開いたかな?」
 陣痛の波の感覚はボチボチだけど、まだまだ強さが足りないとのこと。
「こんなもんじゃないからね」
“ベビーアクト MT-325”と書かれた機械が赤ちゃんの心拍数と陣痛の波を記録している。
「この針が振り切るくらいの痛みになってくるから」
 一生かけても男が味わうことの出来ない、想像を絶するというその痛み。
 今でも充分痛いでしょうに・・・。

 15時45分。
 内診。
 進展なし。

 16時25分。
 院長内診。
「5cmくらいになりました。随分子宮が薄く、やわらかくなってきました」
 
 17時05分。
 飲み物を持つ嫁さんの手が陣痛の余韻で震え始める。
「今のうちに行っときますか?」
 助産師さんに促され点滴スタンドを転しながらトイレへ。

 17時10~27分。
 院長内診。
「子宮口が6~7cm開いてます。70%くらいのところまで進みましたね」
 枕元に顔を近付けると、「もう死ぬ」と小声で嫁さんが漏らす。
 わかった。でも死ぬな。絶対に死ぬな。もう少しだ。あとちょっとだけ頑張って。

 17時55分。
 内線電話の院長の指示で陣痛促進剤の流量を150ml/hにあげる。直後に1本目の500mlの点滴が空になる。2本目のセットに手間取る看護師さん。MAXは120だったんじゃないのか? 今更、確認したところでどうにもならない。
 それまで必死に堪えていた嫁さんの口から、ついに声が漏れ始める。
「ウーンッ!!」

 
 18時00分。
 院長内診。
 何度控室に追いやられたのか覚えていないが、もう産まれるんじゃないか? この期に及んでこんなとこで待機している場合か! 俺は“立会出産”を望んだんだ!! そばに居たいんだ!!!!!
 バタバタと廊下を走る足音。
「全開です! もうちょっとで産まれます!!」
 急いで分娩室に戻る。
「頭が出ますよ!」
「産まれました!!」
 一気。
 この日のために用意した電波時計のデジタルが18:09に突入し頭が出て、18時09分20秒にはへその緒の繋がった赤ちゃんが現れていた。
「はい、吸引!」
 心配する間もなく、無事に産声が響き渡る。
 時計の針はいまだ18時9分台。
 あっという間の出来事。

「まだ見るだけですよ。これから処置に入りますからね」
 シーツ越しに嫁さんの胸に乗せられた赤ちゃん。
 事前に知らされた通りの男の子。
「しばらく旦那さんは控室にお願いします」

 ひとり、場所を移し、控室にあったモニターの電源をいじってみる。
 それまでも来る度にいじり続け、何の映像も映さなかったその画面に濃い緑色のシーツが現れる。
 まもなく一糸纏わぬ赤ちゃんがそこに運ばれて、生まれ出でた喜びを全身で表現するかのように、身体のわりに長い両の手をめいっぱい広げ、抱きつくようなそぶりをしたかと思えば足をばたつかせ、元気に、ただただ元気良く! ・・・その動く姿に食い入ってしまう。
 人生でもっとも感動したといっても間違いのない新しい生命のシーン。

 それにしても長い。
 いつまで経っても嫁さんの産後処置は終わらない。
 何をやっているんだ? 大丈夫なのか? この期に及んでトラブルなんて願い下げだ!
 赤ちゃんもずっと一人ぼっちじゃないか! かわいそうだろ!!
 長い長い時間が流れる。
 それでもモニター越しには、休むことも眠ることもなく、ひとりでただひたすら元気に動き続ける我が子の姿。
 偉いな。
 頑張れよ! あーちゃん。
 おめでとう! あーちゃん!!  
 そして、あーちゃん、ありがとう。

 19時06分。
 やっと処置が終わる。
 ほぼ1時間ぶりに招かれた分娩室。
 ぐったりと、でも達成感と喜びに満ちた嫁さんの胸元に、赤ちゃんがやっと戻ってきた。
 良かった。
 二人とも無事で。
 本当に良かった。

 19時07分。
 初めて我が子に触れる。

 19時23~24分。
 初めて我が子を抱く。
 1時間もひとりで我慢したお前は良い子だ。強い子だ。
 お母さんに感謝するんだぞ。一生、お母さんを大事にするんだぞ。
 そしてとにかく、元気に、元気いっぱいに生き抜いてくれ!!

 いつの間にか4人も5人も集まって来ていた助産師さんに看護師さんたち。
 きっとシフト交替の狭間かなんかだったのかもしれないが、その内の一人が赤ちゃんを預かり、すぐに体重と身長を計測して戻ってきた。
 19時29分。
 まだ“嫁さんの名前+ベイビー”という名前表記の名札には2,898g、50.0cmと書かれていた。
 出生時刻の欄には18時10分。
 頭が出るとか、身体が出るとか産声を上げるとか、どの時点をもって“誕生”なのかは知らないけれど、俺の時計ではすべて、確かに18:09だった。でも、まっ、いいか♪

 院長先生はもとより、助産師さん、看護師さん、職員さん・・・会う方、会う方に「どうもありがとうございました」と深々とお辞儀する。
 そこには強制も計算もなく、かつて人生でこんなにも素直な気持ちでお礼を言ったことがあっただろうかというくらい、純粋な感謝の念だけが存在していた。

 20時25分。
 嫁さんはいまだ分娩室のベッドの上で休息を取っている。
 あの気丈な彼女が「もっと居て欲しい」なんて漏らしてくれたのに、病院の規則では俺は帰らなければならないという。
 心配でしょうがないけど、どうしようもないとのこと。
 想いを断ち切って帰途に就く。  



 後日わかったことだが嫁さんは出血多量状態に陥っていたために産後の処置に手間取ったとのこと。
 そして最後の最後まで、院長先生は帝王切開をするかどうかの判断に悩むケースだったとのこと。
 御産に要した時間は5時間15分となっていたらしい。
 数字だけ見れば安産と言えば安産で、それでも難産と言えば難産で。
 当初はかなり心配したものだが、1月23日現在、鉄剤を処方されつつも随分と貧血症状は改善されたようだ。
 1月8日に嫁さんは退院し、初めて息子を我が家に迎えることが出来た。
 産後1ヶ月は上げ膳据え膳で体力の回復に努めるように厳命された。
“上げ膳据え膳”っててっきり料理の上げ下げ、片付けのことかと思っていたのだが、“何から何まで他人の世話になること”らしく、里帰り出産を選択しなかった考えの甘い俺は、それでも何とか先生の言い付けの通り、ほとんどの家事をこなしている。
「赤ちゃんの沐浴はなるべく決まった時間に」という指導を受けた手前、不規則な仕事時間を避けられないので沐浴だけは嫁さんにお願いしているが、少なくとも「あんたは何も育児に協力してくれなかった」なんて揶揄されることだけはないように、必死で毎日頑張っております。



 早くこの素敵な出来事を書きたかったのだけれど、いかんせん、時間が無くって・・・。
 言いたくて、言いたくて、ウズウズしとりましたが・・・・・・・・・不肖・ふとどきこと、いわもとあきら、嫁さんも赤ちゃんも元気に過ごしております!!
 


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/23 03:46 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(2)

たぶん無理・・・ 

 今日はケガの話を書かなくても良いくらいに回復しているはず!! ・・・って希望的観測を言ったものの、やはりあちこち疼いている不肖・ふとどき。文章を入力してたら、“負傷・ふとどき”と誤変換されても、納得せざるを得ないイマイチな自分が情けなくて・・・。

 あっ、でもね、今日は真面目に更新しようと、ついにあのネタに着手したんです。
 だけど、洗濯したり、ご飯作ってたりしてたら書き始めたのが21時過ぎちゃいまして、もちろんその後も夜泣き王子の相手してたりコーヒー淹れたりで書くことに集中出来ないまま23時を迎えようとしとりまして・・・・・・もうたぶん、いやもう絶対に今日中に書き上げることは無理との判断の下、こんなおちゃらけ更新の道を選んでしまいました。

 まっ、こんな事情ですので、おそらく明日にはきちんと“プロローグ”の続きが書き上がるはずです。
 乞うご期待♪ ・・・・・・というわけで、ほんじつはこれにて!


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選


 
[ 2009/01/22 22:58 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

拷問・・・ 

 昨日は休みついでに再び400ml採血可能となった献血をしようと、赤十字の献血センターまで行ったのですが、一昨日痛み止めとして飲んでいた薬の服用後3日間(当日を含める)は採決不可能とのことでおめおめと引き返しました。
 その足で整形外科に立ち寄ったのですが、おんなじ痛み止めを処方されて・・・。

 俺は献血センターでただ引きさがるのも悔しいので、受付の方に断言して帰ったのです。
「近いうちにまた来ますから!」
 いつから献血出来るかを確認し、すぐにでも実行しようと。
 そろそろ仕事も忙しくなりそうな気配が漂ってきましたので、今のうちにしとかないと、また延々先になっちゃいそうですので。
 だからせっかく出された痛み止め、意地でも飲んどりません! おかげで足を踏ん張れないどころか、ジンジンとすごい痛みに襲われております。
 日曜日くらいには右足の親指の爪半分が内部に溜まった血のせいで青黒くなっておりましたが、月曜日に再び打って以来じわじわとその面積は広がり、今や95%ほどどす黒い状態でして・・・。
 拷問の方法で爪を剥がすだの、爪と身の間に針を刺すのだのというような話を子供の頃耳にし、随分と震え上がったもんですが、よく考えれば同じことをより長い時間をかけてやられているのと変わりませんから・・・・・・。

 タフさ以上に辛抱強さには自信がある不肖・ふとどきではございますが、いささか今回はいっぱいいっぱいでございまして・・・。

 それでも腰の痛みの方は和らぎつつ・・・って言っても、まだかなり痛む状態ですが、最初の頃よりは楽になってますから・・・。
 願わくば明日はこのネタを書く必要がないくらい、回復して欲しいモンです。
 もっとも、今この時ももジンジンが止まりませんが・・・。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
 
 
 
[ 2009/01/21 23:51 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

不死身?・・・ 

 実はですね、昨日痛めている右足のつま先を再びちょこんとぶつけとりまして、さすがに疼きが止まんなくなりました。
 本日は、いまだ『ふとどき日記』上では出生があいまいになっている我が家の赤ちゃんの“十日検診”というわけでして、お仕事返上で嫁さんを連れて産婦人科へ。
 きちんと赤ちゃんの話を書かないといけないので、帰宅したら早速・・・と、思っていたのですが、あまりに痛む右足先と腰のことが心配になり、珍しく整形外科を受診してきました。

 いろんなアングルでレントゲン撮影し、先生の丁寧な説明を聞く限りでは・・・・・・もっとも恐れていた椎間板ヘルニアやギックリ腰の疑いは全くないとのこと。強いて挙げれば仙骨の先が普通ならくっついているのに閉じていないという珍しい先天的な特徴が見られるとのこと。でもだからと言って、特に不都合があるわけでもなく、とりあえず珍しいだけとの話。
 右足の親指に関しては・・・・・・幸い骨折はしていないらしい。
 要は腰回りの筋肉が極度の筋肉痛を起こしていて、更に右足親指の爪の裏側でどんどん血が溜まり、じわじわと爪が剥がされていっているだけのこと。
「かなり痛いでしょう?」
「はい。かなり・・・」

 爪に穴を開け血を抜くという手もあるみたいだけど、水濡れ厳禁になるとのことで仕事で汗をかくことも多い不肖・ふとどき、あえなく断念。

 痛み止めに湿布を処方され、あとはじっと我慢のコ。
 つまりこんだけ身体が自由に動かせなくなってても、肉体的には至って健康! というわけでして、我ながら、どんだけ身体が強いネン!! っちゅうお話です。
 骨と腰、強いんよねぇ・・・。昔っから・・・・・・。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選



  
 
[ 2009/01/20 23:54 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(2)

取引(BlogPet) 

きょうは行動♪
それでウィルチン太は睡眠へ取引した。

*このエントリは、ブログペットの「三太郎」が書きました。
[ 2009/01/20 08:48 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(0)

よく考えたら・・・ 

 よく考えたら、先週の金曜日にしたケガは3箇所ではなく、4箇所でした。

 手をついた所に釘が出ていて軽く掌に刺さったでしょ。
 狭いところで無理な姿勢にもかかわらず1時間以上荷物運んでて腰を痛めたでしょ。
 石の塊が落ちかかって来て右足の親指の爪が死んだでしょ。
 おまけに左のすねを鉄製の枠にひっかけてザーッと擦り傷を作ったでしょ。
 
 右足は激痛で踏ん張れないわ、腰を曲げるどころか寝返りもうてないくらいになってるわ、傷はいまだに水が沁みるし・・・もうさんざんです。
 なのに、本日、再びこの前の金曜と同じハードな現場。
 さすがの薬嫌いのおいらも、シップに塗り薬、それに痛み止めを都度都度飲んで、更にがっちり腰をサポーターで固定して・・・。
 それでもね、痛いもんは痛いんです。
 一度曲げた腰を伸ばすことが出来ない有様。
 でも、だったらだったで、とにかくやらなきゃ。
 曲げっぱなしで頑張ばりゃいいだけのこと! (更に腰を痛めますので、良いコの皆さんはマネをしないように)
 とにかく気力で挑んだ一日でございました。

 おかげさまでGive up!することもなく、無事に、いつも通りに一日を終えました。
 帰宅して、お風呂の気持ち良かったこと。ほんとに極楽でございました。
 もっとも、腰はバリバリ炎症を起こしているはずなので、本当は湯船に浸かってる場合じゃなかったんでしょうけれど・・・。
 
 手前ミソですが、今日だけは手放しで己を褒めてあげたいと思います。
 これよりハードな現場はそうそうございませんので・・・なんて言いながら、また土曜日にも同じ内容の作業を受注しておりますが。
 とにかく、今夜はゆっくりと眠りたいと思います。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選


[ 2009/01/19 23:43 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

ケガ・・・ 

 実はケガをした。
 一昨日。
 3箇所も・・・。
 一度ではなく、別々のタイミングで。
 ついてない日っていうのはそんなモンなんだろう。
 
 一番ひどいのが腰。
 捻挫したような感じ。
 身体を動かすのが辛い。

 こんな泣き言書くのは珍しいと思う。
 たいがい強気でやってきたけど、腰だけはマズイ。
 すべての動作の基本となる場所だから・・・。

 憂鬱な日曜日だったけど、それでもいつも通り家事をこなしはした。
 だけど明日はよりによってまたもや“スーパーハード”現場。
 根性でどう乗り切るか・・・。
 少なくとも今日の段階では湿布も痛み止めの飲み薬も効いてはいない。
 嫁さんは「休んだら?」って言ってはくれるが、男子たるもの、一旦引き受けた仕事を投げ出したくはないもの。
 俺が現場に出なければ、パートナーが困る。とんでもなく困る。
 何とか今宵の睡眠で回復しますように。
 って、健康な人でもやり抜くのは難しい仕事だっちゅうのに、俺も良くやるわ♪

 よっしゃ、頑張ろうっと!!



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/18 23:48 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

新年会・・・ 

 今夜は取引先の新年会にお呼ばれしてます。
 本日中の帰宅はほとんど無理でしょう。
 まっ、それもお付き合いですから・・・と、自分に言い訳しつつ、張り切って飲みたいと思います。

 すっかり手抜き更新ですが、これもまたやむにやまれぬ『大人の世界』ということで、ひとつよろしくお願い致します。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/17 18:29 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(4)

気配・・・。 

 なんだか外に出るとまぶしい。
 時々クラッとしてしまう。
 異様な気だるさ。
 やばい・・・。

 いつかどこかで感じたこの感覚。
 決して気分の良い物ではなく・・・。

 多分、間違ってはいない。
 すっかり治ったもんと思っていたのに・・・。

 そういえば、今年は多いって言っていたっけ・・・・・・。


 花粉症。
 ついに超高感度花粉センサーが再始動したようで・・・。

 ここんとこの体力低下も原因さえつかめれば根性の出しようもあるというもの。
 だけど・・・、よりによって今日はまたスーパーハードな現場だというのに・・・・・・。
 堪りませんなぁ・・・・・・・・・。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/16 00:36 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

ガタ・・・ 

 いろんなことが一気に起こってしまったもんで、タフだけが売りのおいらもさすがにガタが来たみたい・・・。

 とにかく睡眠を充分とって・・・と、てきぱき行動していたのになぜか既に日付は変わり、AM1:30を過ぎてしまった。
 おかしいなぁ。22時には眠れてたはずなのに・・・。

 まっ、今更ぼやいてもしょうがないんで、とっとと眠るとします。
 おやすみなさい♪



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/15 01:37 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(2)

無事。 

 くどいくらいに現在進行形の時系列にこだわりたいふとどきではございますが、予想したくもなかった哀しい現実に、珍しく我を忘れて本音を書き殴ってしまいました。
“プロローグ”の次はしかるべき内容を書かねばいけなかったのですけど・・・。


 日付が変わってしまったのですが、昨日、13日は大安吉日ということで、いろいろな届出をするために仕事のスケジュールを空けておりました。
 ですが、ピーコを失って・・・それでも雪之丞にきぃちゃん&ちぃちゃんが居りますので、この機会にと、3羽まとめて動物病院まで健康診断のために連れて行きました。
 久しぶりに鳥の専門医の先生にお会いして、ピーコの最期の状態をこと細かく報告しました。
 いかんせん、腹水が溜まっていなかったので・・・年齢もあるし、ひょっとしたらクラミジアの可能性も有りはするものの、なかなか今となっては原因の究明が難しいとのこと。
 おそらく、6年以上我が家の家庭環境に慣れているので、変な感染症なんかの危険性は低いだろうとのこと。
 なので3羽には糞便検査による診断をお願いしました。
 なんたって、雪之丞はAGY症を2度も経験しておりますので・・・。検査結果を待ってる間の緊張感といったら、どんなハードな仕事よりもしんどく感じるものでした。

 幸い、3羽とも健康な糞便でして、ロウ膜が少し黒ずんでいる雪之丞はひょっとしたら精巣機能が落ちているかもしれないものの、外科的なことをしない状態ではなんとも言えず、引き続きの経過観察を言い渡されました。

 とりあえずはほっと一安心。
 だからって油断することなく、きちんと3羽のお世話をしていきたいと思います。




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
 
 
[ 2009/01/14 01:57 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(2)

責任。(BlogPet) 

ふとどきの「責任。」のまねしてかいてみるね

一昨日のスタッフの病院まで調べてもらってくれた鳥の方が出来ないと、折り返し連絡をくれ、お休みで急患のスタッフの方が他の病院まで調べてもらってた鳥の対処が他のこと。
以前、そこのスタッフのスタッフのこと!

*このエントリは、ブログペットの「三太郎」が書きました。
[ 2009/01/13 07:43 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(1)

責任。 

 一昨日のこと。以前、ピーコを診てもらってた鳥の専門医さんは、お休みで急患の対処が出来ないと、そこのスタッフの方が他の病院まで調べてくれ、折り返し連絡をくれた。

 だけど、急いで用意した保温ケースの中で脚がもつれ、倒れ、それでもなんとか起き上がり、羽を膨らませて再びうずくまっていたピーコが、その動物病院からの電話の直前、急にのけぞり、転がりまくり・・・・・・とても外出出来るような状態ではなくなってしまった。
 とにかく温めてあげようと湯たんぽを用意し、じたばた暴れる彼女をそっと手で包み、柔らかな布をかけてあげ、とにかく病院までの移動が出来るようにと祈っているうちに・・・。
 やっと落ち着き、安静にしてくれたと思っていたのに・・・。そのまま・・・・・・。


 万が一にも死因が感染症だったとしたら、下手をすれば一家全滅ということだって考えられるので、とにかく気を張り詰めてすぐにカゴの掃除と熱湯消毒に暮れた。
 冷たい姿なんて写したくなかったけれど・・・どうにも我慢出来ずに最期の姿・・・とシャッターを切ってしまった。
 泣きじゃくる嫁さんに、せっかくきれいに羽を整えてもらったというのに、手がぶれ続けて、ちゃんと撮れなかった。



 実は、動物の亡骸の処理というのは、ペット火葬の施設などあるものの、役所に問い合わせれば“一般廃棄物”として処分・・・はっきり言えば燃えるもののゴミ袋で捨てるようにと案内される可能性が高い。
 犬でも、猫でも・・・。
 これが牛や馬だと、畜産という観点で“産業廃棄物”扱いになる。
 それが法律。

 さすがにそんなことに耐えられるはずもなく、嫁さんの実家の庭にお墓を作ってあげるしかないのだけれど・・・・・・問題は我が家に新しい家族が増えたこと。
 車で5分の距離といっても、退院する日の寒さでいまだに鼻をくしゅくしゅさせてる彼を連れて行くわけにもいかず、かといって彼を一人っきりにするわけにも、俺が嫁さんちの地面を掘り返すわけにもいかず・・・・・・結局、体調が充分回復しないままの嫁さんがピーコを抱えて向かうことに。
 お別れも満足に出来ず、残念でならなかった。


 そして数時間前・・・・・・約30年ぶりに、思いっきり泣いた。
 嫁さんの前ですら泣かないっていうのに、あれこれと思い出していたら、洪水のような哀しみが押し寄せて来て・・・。

 こんなんじゃ、ピーコに怒られるな。
 だって、まだまだ雪之丞ときぃちゃん&ちぃちゃんのお世話をしないといけないんだもん。
 幸福の黄色い鳥さんがうらやましがるくらいに、じっくりと見守って、たっぷりと愛してあげよう。

 それこそが、俺の果たすべき“責任”だと思うから。



画像 008
 ピーちゃん、また一緒に遊ぼうな♪








にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
 
[ 2009/01/13 01:46 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(0)

ピーコ。 

 多分、この『ふとどき日記』を読んで戴いた方には、“ふとどき”こといわもとあきらはとんでもなくポジティヴでプラス思考の男のように思われているのかもしれない。
 下手をするとうちの嫁さんまでが「能天気な男」扱いしてくるのだから、無理もないことだろう。
 だけど、実際の心根は違う。
 マイナス思考の塊。悪い方向に物事を考えることは、誰にも負けないかもしれない。じゃなけりゃ、物書きなんて志望するはずがない。“BAD”な結末や過程を考え始めたらキリがないし、“HAPPY”ばかりのお話なんて、大衆受けしないし・・・でも、だからこそ、“HAPPY END”な物語を志したりもする。
 マイナスを突き詰めすぎて、自らの生命すら脅かす状態に何度も陥り、そして、いよいよGIVE UP! ・・・かもって思った時に、たまたまひょんな弾みでマイナスをプラスに転換する術を覚えただけのこと。
 本性がそんなんだから・・・今回の嫁さんの妊娠・出産にはとんでもないくらいの不安を押し隠し続けていた。
 ごくごく、普通の親ならば誰でも考えるのかもしれないけれど・・・・・・流産したらどうしよう、発育に問題があったらどうしよう、赤ちゃんに障害があったらどうしよう・・・。
 出産予定日よりも一週間早く、嫁さんが破水した日。
 病院に彼女を連れて行く車の中で、(もうこのまま彼女の笑顔を見ることはないのかもしれない)って覚悟までしていたなんて、きっと誰にもわかりはしない。

 さまざまな困難や災厄を想像し尽くすことで、「俺如きが考え付くようなことなんて起こりはしないし、きっと何事もなく地球は回り続けるんだ」って思うようにしている。

 そんな不安でいっぱいの嫁さんの妊娠期間を“きっと赤ちゃんは無事に産まれてくれる”って無条件に思い込むようにした時に・・・・・・肝心の我が家の家族たちへの注意力がすっかり衰えてしまっていた。


 雪之丞がAGY(メガバク)症を発症した頃の観察力が有れば、絶対にピーコは死んでいなかった。
 楽観主義に思考パターンを必死ですり替えてしまったがために、ピーコの異常を感じ取れなくなってしまっていた。
 俺がきちんと感じていれば・・・。
 ごめんな、ピーコ。

 改めて、セキセイインコの医学関連書を引っ張り出して、何がどう、彼女の生命を奪ったのかを考え続けた。
 彼女の症状や行動は、いわゆる“腹水”が溜まった時の様々な兆候が当てはまる。
 だけど、肝心な“腹部に水が溜まった”状態では無かった。
 その外見的な安心感こそが、俺の眼を曇らせた。
 そして、生まれて以来、ずっとずっと一緒だった嫁さんが一週間入院してしまったことも、ピーコにとっては異常なほどのストレスとなったに違いない。
 護ってやれなくてごめんな。

 冬が来て、お前が歳を重ねる度に、“ひょっとしたら”って覚悟はするようになってた。
 だけど、それはあくまでも“万が一”、否、“百万が一”のことであって、プライドが高く、俺に対して気性の激しいお前が旅立つなんて信じられるわけもなかった。
 ここんとこしばらく、俺の指にはとまりもしてくれなかったくせに、嫁さんが居ない日々・・・面会時間ギリギリまで病院に居て、帰宅して、家事をして、淋しい食事をして、普段なら絶対に寝かせつけてる時間にやっとカゴから出してあげることが出来た、そんな飼い主としてダメダメな俺の肩に、毎晩毎晩、しつこいくらいに、何年かぶりでお前はとまってくれたよな。
 うれしくて、うれしくて、お前と会えずに淋しがる嫁さんに、次の日も、また次の日も自慢げに話してたんだよ。
 だけど、ピーちゃんは、本当は甘えてたんじゃないんだよね。
 苦しくて、苦しくて、必死で、本当に必死で、俺に訴えていたんだよね。
 ごめんね。
 赤ちゃんのことですっかり浮かれちゃって、ピーコの痛みに気付いてあげられなくって。
 ごめんな。本当にごめんな。
 俺がしっかりしてれば、こんなことにならなかったのにな・・・。


 年末に年賀状作ってて、ピーコの写真が少ないなって思ったばかりだったのに、もっと撮らなきゃいけないなって思ったばかりだったのに・・・。
 
 10年、15年生き抜いて、うちの子に「生命の大切さ」や「(我が家での)上下関係の厳しさ」を教えてくれるもんって信じてたのに・・・。

 なんでもう逝っちゃうんだよ。
 ペットロスなんかクソ喰らえ! 虹の橋なんかクソ喰らえ!! って思ってたこの俺が、人様の前で涙なんか流さないって決めたこの俺が、心の底から涙なんか流して堪るかって歯を喰い縛ってきたこの俺が、泣きじゃくる嫁さんに寄り添うくらいしか出来なかったこの俺が、なんでこんなにぐしゃぐしゃに泣いてるんだよ。
 
 助けてあげたかった。

 一番の原因は加齢なのかもしれないけれど、それでも、それでも助けたかったし、きちんと知識が役に立っていたら助けられたはずなのに・・・。 
 
 ごめんな、ピーコ。

 お前には散々耳だの鼻だのかじられて、とっても痛い思いをしたけれど、だけど、それでも、大好きだったんだよ。
 とってもとっても大好きだったんだよ。

 水盃でもそばに置いてれば、朝が来ればなんともなかったかのように起き出してくれるかもっておもってたけど・・・。

 俺たちが人生でもっとも幸福を実感出来ているこのひと時に、まるで「今なら私が飛んで行っても我慢出来るでしょ?」って、そんな気を遣ってくれたんだよね。
 だけどね、ピーちゃん、ごめん。我慢出来ないんだ。
 黄色い君が居てくれなけりゃ、俺も嫁さんもうれしくないんだ。
 ちっとも・・・・・・うれしくないんだよ。


 雪之丞と、きぃちゃんと、ちぃちゃんと、イチャついたり、ケンカしたりの毎日・・・楽しかったかい?

 いつもおあずけにしている大好物の粟の穂を、お正月におせち代わりにって思ってたのに、それすらも出来なくってごめんな。
 もっともっと、好きなだけ指でも唇でもかじらせてやりたかったのにな・・・。

 病院に行くことすら出来なかったもんな。
 本当に急に容態が悪くなって、移動すら耐えられないような状態になって・・・身体触られるの大嫌いだったもんな。お医者さんにあちこち触られたくなかったんだよな。
 尻尾なんか絶対に触らせてくれなかった気高いお前が、そっと尻尾に触れても威嚇もしなかったあの晩に、どうして気付いてあげられなかったんだろうな・・・。
 本当にごめんな。


 珍しく雪のちらつく福岡だったけど、憧れ続けた大空は寒くないかい?
 気持ち良く羽ばたいて飛べてるかい?
 寒かったらいつでも戻っておいで。
 もうダイエットなんて気にしなくていいから、好きなご飯をたっくさんあげるから、だから、だから、俺のこと嫌いでもいいから、お前の大好きだった嫁さんの元へ、いつでも戻って来ていいからな。

 俺はお前のしもべだから。
 精一杯、お世話させて戴くから。

 だから、きれいなお前の黄色い羽と、ルビーのような赤い眼を、もう一度だけ・・・。



 こんなに引き止めてちゃ、せっかくの大空が楽しくないよね。
 いい加減、我慢しなきゃね。

 
 ピーコ。
 大好きなピーコ。
 沢山、たくさん、たっくさん、ありがとう。
 俺たちのことなんて待っていなくていいからさ。
 早く虹の橋から旅立って、天国を目指しておくれ。
 そんなとこにいちゃ寒いだけだよ。
 お前がどんなに素敵な鳥さんかちゃんとみんな知ってるから。
 きっと天国に行けるから。

 今はただ、何も気にせずに・・・。


 安らかに、眠っておくれ。



200505242231000.jpg





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選 
[ 2009/01/12 23:42 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(2)

幸福の黄色い鳥。 

 気が付けば、嫁さんと俺との間にはいつも幸福の黄色い鳥が居た。

 ピーコ・・・・・・・・・平成二十一年一月十一日 午後四時、永眠。

 嫁さんと俺の手の中で・・・。

 6歳と約2ヶ月。
 ごめんな、ピーコ。護ってやれなくて。
 そして沢山たくさんありがとう。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/11 22:58 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(4)

新年早々・・・ 

 午前0時30分。目覚めると既に日付が変わっていることに気づく。
 新年早々、やらかしちゃった・・・。ブログ書かずに一日を終えちゃった・・・・・・。


 深く深く落ち込んで、どうしようかと悩んでしまうも、済んだことは仕方がない。笑い飛ばしてしまえばいい・・・・・・と、やっと立ち直ってブログを開くと・・・・・・はっ? 俺、昨日書いてるじゃん!!
 しかもきちんと書いてた。すっかり忘れてた。
 心晴れ晴れ、一瞬で舞い上がる。

 だけど油断は禁物。
 しばらくハードな毎日になりそうなだけに、いつまた同じような出来事があるかわからない。
 とにもかくにもプロローグは書いた。
 あとは本番。
 とりあえず、安心したところでそろそろ寝ようとするか。




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/10 02:38 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

あの日。 

 割と身近に子宝に恵まれない御夫婦が数組居る中で育った。
 結婚して3年目に突入した昨年、もしかしたらうちもと覚悟を決める俺とあと1年と少しで35歳を迎えようとしていた嫁さんは、お互いの苦悩をきちんと理解しようともしないままにそれぞれ、とにかく焦っていた。

 世の中で男と女の平等性が求められる昨今、非常にデリケートな言い回ししか受け入れられないことは重々承知しているものの・・・・・・やはり、嫁さんの想いは「女として生まれたからには赤ちゃんを産みたい」、「初産は35歳までに経験したい」と切なものだったし、「ひょっとしたらタネが無いのかも・・・」と心細くなる俺の気持ちがともに行き着く先は「そろそろ不妊治療を考えなきゃいけないのかも」という認識で、そんな重苦しい雰囲気が立ち込める2008年の幕開けだった。

 恥ずかしながら少しでも元気で優秀な遺伝子を送り出したいと、気分が晴れようが沈むことがあろうが好きなアルコールを断ち、熱が出ようが痛みがあろうが薬も我慢して、身体から毒素を抜くという作業を何度繰り返したことか。
 精子の活性うんぬんよりも依然に、自分にそもそもその能力が無かったら・・・何度そんな想いに駆られたことか分からない。

 誰にも伝えることの出来なかった苦しみ。

 もっとも男性の場合は飲酒や薬が精子にあまり悪影響を与えないことを知った日には、随分とずっこけたものだけど・・・。


 4月、台湾旅行に行った時のこと。
 絢爛豪華な装飾、そして現地の方で賑わうある場所がツアーコースに組まれていた。
 確か、三国志の関羽が奉られているという・・・行天宮だったかな? うん。多分そう。
 そこでガイドさんに勧められるまま、無料のおみくじを試してみた。
 棒に書かれた番号と同じ数字が書かれたドギツイピンク色の紙を探し出して見てみるもそこには漢字ばかりがぎっしりと並び、内容なんざさっぱりわからない。
「私はヨウと申します。爪楊枝の“楊”と書いてヨウです」とバスの中で自己紹介してくれた眼鏡の似合う女性ガイドさんに嫁さんが恐るおそる意味を尋ねてみる。
「すみません。私のおみくじにはなんて書いてあるんですか?」
「・・・・・・」
「どうかしました?」
「うーん。あまり良くは無いです。これを引くのはとても珍しい。何をやっても今年はダメかもしれない。あまりいろいろなことをしないほうがいいかも。でも元気出して。おみくじですから。ちゃんとお参りすれば大丈夫と思います」
 普段、カタカナで書きたくなるような彼女の語尾の発音が、いつしか発言全体まで覆ってしまったかのような、とてもたどたどしい説明を聞く羽目になった。
「あっ、そうなんですかぁ・・・・・・・・・。赤ちゃんのこととか書いてありますか?」
「ええ、赤ちゃんは女の子を授かるみたいですよ。良かったですね」
 せめてもの彼女の励ましに、タダで縁起を担ごうなんて調子の良いことを考えてた自分たちの心根を反省しつつ、勇気を出して俺の分の内容を聞いてみる。

 見事なまでににこやかに晴れる楊さんの顔。
「これはとても良いです。これを引けるなんてとても珍しい。幸せになります。困難があっても幸せが馬に乗って向こうからやって来てくれるような、そんな素晴らしい運気に恵まれています。どんどんチャレンジして良いと思います。良かったですねぇ。うらやましいです」
 もとの流暢(一歩手前ぐらい)な日本語に戻る楊さん。
「男の子が産まれるみたいですよ。良かったですね」

 嫁さんと二人、顔を見合わせる。
「どっちやねん」
 プラスとマイナスが打ち消しあって、やっぱりゼロということか。赤ちゃんも過度に期待するべきじゃないんだろうな・・・。

 旅に同行していた嫁さんのお祖父ちゃんと叔父さんの号令のままに、さんざ飲み食いして帰国した。大食漢と酒好きの魂を爆発させた俺が、増え過ぎた体重にどうしたものかと頭を抱えていたある日のこと。
 それは2005年の入籍から半年ほど経って俺たちが結婚式を挙げた日と同じ、5月5日のことだった。

「ひょっとしたらそうかもしれない・・・」
 朝方、はにかみながらそんな台詞を嫁さんが呟いた。
「えっ?! そうなの?」
「うーん。なんとなくね」
 過去にも数度同じような言葉を聞いていたので、特別色めき立たないように気持ちを抑え、それでもやはり溢れてくる想いにコトの真偽を問いただす。
 憶測で議論してても解決するわけもなく、直ぐにドラッグストアに向かい、妊娠判定薬が陳列された棚の前へ。今更場所を探す必要がないほど、何度も恥ずかしさを堪えて立った場所。
「こっちにしようか?」
「そっちでいいやん!」
 ひょっとしたらという期待は見事に外れ続けておりましたので・・・・・・お得な複数本入りを買ったらどうかと促す俺に“これで決まり!”とばかりに割高でも金額は安い1本入りを買おうとする彼女。
 結局、二人同時に1本入りに手を伸ばすんだから、俺たちのケンカなんて最初からする必要なんてないんだ。同じ意見ならなぜ平和的に話せないかという御忠告やそれに類する質問を、今更我ら二人にしないで下さいませ。双方の親も諦める、こんな夫婦なのですから・・・。
 とにかくお互いに自分の気持ちを殺してまで一緒に居たくないだけなのだ。
 それでも別れたくはないから、“犬も喰わない”なんとやらは日常茶飯事となり・・・。ただそれだけのことなのだ。


 帰宅し、購入したスティックを彼女がトイレに持ち込んでしばし。
 再び現れた嫁さんの顔には、なんとも言えない微笑みが宿っていた。
 事態を察し、本気で喜ばぬよう、ぬか喜びにならぬようにと自らにかけていたブレーキを一気に緩める。
「やった! おめでとう!!」
 なんて親孝行な子供なのだ。
 よりによって5月5日にその存在を知らしめてくれるとは。
 嫁さんはすかさず記録し続けていた基礎体温のノートを広げ、出産予定日を計算する。
 十月十日。最後の生理が始まった日から40週。
 現役ナースの彼女が導き出したその日は・・・1月1日。

 もちろん前後することはあるだろうし、正式に産婦人科医の診断を受けたわけでもないのだから、そもそもの妊娠が確定したわけではない。
 だけど、元旦。お正月。
 おめでたい! 二重にも三重にもおめでたい!!
 親不孝の見本のような俺の“逆”をこれでもか、これでもかと突いてくる素敵なお子だこと。

 99%の吉報を完全無欠に変えるべく、産婦人科に駆け込もうにもいかんせんこどもの日。
 直近の、嫁さんの休みは8日。ちょうど予定が空いてた俺と、共に、勇んで、最寄に在る産婦人科で最も良さそうな所を受診する。もっとも、どの病院も評判は上々で、結果としては嫁さんの勤める病院の院長先生の友達が開いている産婦人科にお任せすることにしたのだが。

 10.5mmの赤ちゃんの袋というエコー画像をもって、見事、正式に妊娠が判明する。
 出産予定日は2009年1月9日。
 生理周期よりは若干遅く、お正月明けになってしまったけれども、それでもその後の母の日には両方の母親に最高のプレゼントとなる報告をすることが出来た。
 つくづく、親孝行なBABYである。

 時は移り、2009年・お正月。
 案外、俺にとって特別な意味を持つクリスマス・イヴに産まれるんじゃないか、いややっぱり元旦だろうと願いつつも「最初のお産は遅くなるから焦らないで」と、散々周りからアドバイスを受けていた。
 とっくに新年の2日目になってしまい、ゆっくりと目覚めた午前10時頃のこと。
「ひょっとしたら破水しているのかもしれない」
 その不安から25時間後、はやる気持ちを必死で抑えながら、分娩台に身を沈め、陣痛の波をひたすら待つ嫁さんの傍らであの日の感動を思い出している。
 お気に入りのメモ帳に細身のボールペンを握り締め・・・。
 いつもの如く、タイムリーさに欠ける『ふとどき日記』にきちんと生の興奮を書き記していないことだけが心残りで仕方なかった。
 詳細な感情の動きは正直忘れた部分もある。
 だけど、これでようやく出産に集中して挑めるというもの。
 ただひたすらに、母と子の無事を祈りつつ、すぐそこに迫った我が子の誕生の瞬間を待ちたいと思う。

       平成二十一年一月三日(土曜日・友引) 午後二時三十四分。
            ふとどきこと、いわもとあきら 記す。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/09 00:47 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(0)

“プロローグのプロローグ”と“プロローグ”のあいだ・・・ 

 なんか昨夜はすんごい強気なこと書いてたはずなのに、既に24時間経ってしまいました・・・。
 どうもすんません。

 昨夜は久しぶりにひとりで飲み屋に入って焼酎ガバガバ飲みながら携帯電話から書いとりましたから・・・ほんとは家に帰ったら徹夜覚悟で沢山しなければならないことがあったのですが、ちょっと知り合いとメールしてたら寝込んだみたいで・・・いつの間にか朝。

 お陰でとっても忙しい一日となってしまいました。

 今度こそ“プロローグ”を書きますので・・・。
 それでは乞うご期待♪


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/08 23:47 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

プロローグのプロローグ。 

 現在進行形の物事に関しては極力、時系列に則って書き綴りたいと考えてる不肖・ふとどき。

 ですがさすがにこの数日間は生命よりも大切に思っているこの『ふとどき日記』と有り難く貴重な読者様すらほっといて、目の前の一大事に奔走しておりました。

この場を借りて・・・っていうか、己の“場”ですけれども、改めて不義理をば、お詫び申し上げます。

 ちゃんと書きましたから。
 ことの続き。

 今、帰宅したばかりですので、後ほど・・・まずは8ヶ月も書けなかった“プロローグ”をば。
 ですが、恐らく日付が変わる前には間に合わないでしょうから、取り急ぎ、プロローグのプロローグということで、本日はこれにて。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/07 23:25 ] 言い訳・・・ | TB(0) | CM(2)

閉口・・・ 

 帰宅したはいいけれど、飯も喰わずにこの時間(23:30過ぎ)。
 まだまだやるべきことがあるというのに、まったくもって年末もお正月もいつの間に終わったのかわからないような忙しさ。
 とにかく頑固な眠気に付きまとわれ・・・一人で家に居るとなんともしがたい・・・そんなふとどきでございます。
 まっ、幸せ感いっぱいなんですけど、今夜もこんな感じでお茶を濁してしまいます。
 連日、どうもすみません・・・。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/06 23:40 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

とにかく・・・ 

 とにかく眠い。眠いのよ。
 朝、8時半過ぎには大分の実家に着いておりました。
 何度も言いますが、自宅からうちの実家まで片道3時間半~4時間くらいかかります。
 少々用事を済ませた後に、9時過ぎには運転席に再び戻り、11時前には別府に居りました。
 そして夕方には嫁さんの実家にしばし顔を出して別府土産を渡し、そのまま産婦人科に・・・。
 その後も某所に足を運び、結局、帰宅したのは午後10時前後。

 ほんとに眠くてどうしようもありません。
 というわけで、今夜もやっぱり真相は語らず仕舞いで終わらせていただこうかと・・・皆様、どうも済みません。
 眠気で頭がまわらないのでございます・・・。

 


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/05 23:29 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(1)

判断・・・ 

 本当だったらきちんと書きたいエピソードがあります。そしてコメントを下さった方々にきちんとお礼を述べたいところなのですが、諸事情ございまして、明日は午前3時くらいに起きて大分の実家、ならびに某所に向かう予定でございまして、今すぐ寝たとしても睡眠時間は4時間・・・実際、帰宅したばかりでまだまだ眠るわけにはいかない状況ですので、今夜の『ふとどき日記』は簡単な更新で失礼致します。
 これもまたひとつの判断ということで、どうかご勘弁を。

 一応、妊娠が判明した日のことは病院でメモ帳10枚にまとめました。
 そして何より大切な出産の件ですが・・・・・・今夜のところはどうかひとつ、持越しということで・・・。

 少なくとも悲しい出来事は起こっておりませんので、御安心を♪

 そんでは手早く用事を済ませて、とっとと寝たいと思います!
 明日もきちんと更新する時間が有るかどうかわかんないのですけど、とりあえず失礼をば。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/04 22:56 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(0)

回復(BlogPet) 

三太郎は、回復したかも。

*このエントリは、ブログペットの「三太郎」が書きました。
[ 2009/01/04 09:15 ] セキセイインコ | TB(0) | CM(0)

夜明け・・・ 

 もうすぐ夜が明ける。
 嫁さんの容体はいたって穏やか。
 数度のモニター検査に経過観察を経て今に到るが、陣痛は若干強さを増したものの、まだ充分ではなく、いまだ病室で休んでいる。
 なんとなく「AM5:55に産まれるんじゃないの?」と軽口を叩いていたファイブサービス代表・ふとどきは小さなソファーで丸くなったまま。
 いろんな不安に胸を突かれ、闘いながら、時が満ちるのをひたすらに待つしかないことを必死で自分に言い聞かせる。

 幸い、深夜・明け方の分娩にはならなかったので、嫁さんもなかなか寝付けないとはいえ、それでも一大事に向けて身体を休めることが出来ただろう。

 赤ちゃんの心音もすこぶる元気。

 妊娠39週の1日目である今日、1月3日は奇しくも嫁さんのお姉ちゃんの誕生日でもある。

 全てが滞りなく、無事に進みますように。

 大丈夫。大丈夫!



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/03 06:26 ] あかちゃん♪ | TB(0) | CM(1)

臨。 

 いよいよ来たるべき時が訪れようとしております。
 本日、午前10時頃「破水してるのかも」と嫁さんのひと言。
 はっきりとわかる状態では無かったため、産婦人科に連絡すると、昼食を食べてから外来受診をとの指示を受ける。
 あまり焦らなくてもいいのかと、胸を撫で下ろし、お昼に病院へ。
 どうやら上部の方が破れたようで、流れ出る羊水の量がじわじわとしてるものの間違いなく破水しているとのこと。
 すぐに病室に案内され、入院となる。
 感染症予防のために抗生物質を処方し、明日、明後日まで自然な強い陣痛が訪れるのを待つと当直の先生から説明を受ける。
 あろうことか、病院に来る手前でつまらぬケンカをしてしまったので、少し間を置く意味で俺は帰宅し、泊りで付き添いをする準備をする。
 何度も電話を掛け容体を確認する。まだ強い陣痛は来ないとのことでそろそろ嫁さんのほとぼりも冷めたであろうと、再び病院に向かうことにする。
 その前に近所の神社に初詣を兼ねて直前の安産祈願に。
 おみくじをひくと見事“大吉”、出産の項には「早いが安産」と書かれていた。
 万事OK! 喜んで病室に戻ると既に陣痛促進剤を3度飲んだとのこと。

 結局、妊娠が判明した日のエピソードは書かないまま年を越してしまい、そのまま出産に挑むことになろうとしている。
 それ以外のたいていのことは片付け、準備を済ませた。
 あとは静かにその時が訪れるのを待つばかり。

 どうか無事に赤ちゃんが産まれ、母子共に元気に新しい世界を眺めることが出来ますように。
 何かが起こりそうな時には、俺の生命に代えても、彼女と赤ちゃんとをお守り下さいますように。
 お腹にモニターを取り付け、ひたすら陣痛の訪れを待つ午後9時45分。
 モニターのスピーカーから溢れ出でる赤ちゃんの心音に耳を傾けながら、今夜は静かに筆を置きたいと思います。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2009/01/02 21:48 ] 何でもあり! | TB(0) | CM(3)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。