FC2ブログ
























お金をもらう以上は・・・ 

 まわりくどく、グダグダと俺なりの“プロ”論を一週間もかけて繰り広げさせてもらった。
 要は、≪お金をもらって仕事する以上は、まず、あいさつと返事をきちんとしましょう!≫ ―――ただ、それだけのこと。
 それだけのことなのに、“それ”すら出来ないモンが非常に多い。
「人材サービス業界」に長く身を置き、ウン万人の若者とふれあってきた。ウン千人の若者と面接し、実際に現場でも直接指導し、仕事が終われば飯に連れて行き、沢山の酒を飲んできた。
 春が来て社会へと羽ばたき損ねた人達や、夏休みにバイトしようという学生さんが我が社(当時)を訊ねてきてくれれば、うれしくもあり、情けなくもあり・・・。年々コミュニケーション能力の低いコが増加し、頭痛の種となるものの、それでも腹を割ってあきらめずに付き合えば、それなりに心を開いてくれたもんだった・・・。

 先週の木曜日、「日雇い派遣」のスタッフ8名を率いての什器納品業務。
 やさしく、丁寧、熱心に作業の説明をする俺。対するはウンともスンとも言わない6名と、元気に返事をしてくれる2名のスタッフ。


 こちとら君らの熱中症対策に気が気でないというのに、なんでそんなんやねん!
 なぜに通常2名で運ぶソファーを4人がかりでひいこら言って、それでもまともに運べんの!?

 まだね、返事してくれたり、質問してくれるのならわかるよ。
 それに俺だって、君らと同じ会社でバイトしてたことあるから、派遣先で「おい!」だの「お前!」だの「バイト君」だの言われてきたよ。
 だけど、「俺はプロなんだ!」って強い信念で、人より素早く行動したし、誰よりもハードなことをするよう心がけたもんさ。半日もすれば先方の社員と打ち解けて、きちんと信頼してもくれるように、細やかなコミュニケーションを取ったもんさ。

 なんね、君達は。
 あれかい、「知らない人に挨拶しちゃいけない」って学校で習った世代かい?
 社会に出たら、それじゃ通用せんばい。飯喰っていこうと思えば、まずは挨拶、口のきき方からしゃっきりせえや。



「日雇い派遣」、「ネットカフェ難民」上等じゃん。
 俺だってそん中で生き抜いてきたよ。
 だから世間が「自業自得で招いた状況」なんて言おうもんなら、正面切って味方するよ!
“そこ”から抜け出すことがどれだけしんどく、大変なことなのか俺が証明してやるぜ。
 就職活動しようにも、1日休めばその分、収入が減る。
 何度も何度も面接受けようにも、交通費もかかれば、履歴書代や証明写真代すら困るようになってくる。
 無事、就職出来たにしても、最初の給料までの生活費や定期代の当ても無く、安易に金でも借りた日にゃ、いつまで経っても貧乏地獄。
 入社して、ちょっと仕事をかじった挙げ句に「こんなはずじゃなかった」「また別の会社を探そう」なんざ思っちまっい、「日雇いバイト」へ舞い戻った日には、今度はもう、足を洗うに洗えない地獄に様変わり。
 仲間と傷を舐めあうも良し、仲間すら作れなくても良し。
 業界の経営者には君が頑張ろうと、頑張るまいと、“1人工”以上でも以下でも無いんだよ。 
 業界スタート当時は“29歳定年制”なんて不文律があったもんさ。
 曰く、「ヘタに社会経験の有る人間は、有給だの厚生年金だの、理屈ばっかりこねて、かえって動きが悪いから締め出せ」
 物凄い法律違反だけど、おかげで普通の社会に帰っていけた人もいたでしょうよ。
 それがいつからか「歳なんか関係ない。1人でも、2人でも売上に結びつくのなら(取引先に)ねじ込んでしまえ。スタッフの質なんて関係ない。経験者だろうが未経験者だろうが、建設現場だろうが製造現場だろうが、関係ないから売上を上げろ!とにかく売上を伸ばし続けろ!」
 派遣先・・・規制緩和という名目で法律が変わり、今ではセーフのものもあれば、いまだに厳然として法律違反のものもあり・・・。

 そんな“環境”で、何とか凌いできている君達を、かばいもするし、守りもするよ!
 君達が、何かを変えたいと願っているのならば・・・。



 
 だけど、なっ。本当は君達だって、自分達に足りないもの、気付いているよな。
“環境”だけのせいには出来んよな。
 挨拶してないよな。ヤル気を見せなかったよな。
 世の中に振り回されちゃいけないよ。
 TVで泣きべそかいてるような経営者に貪られ続けちゃいけないよ。
 野球場の名前になろうが、非現実的なCMで描かれようが、君は君。あなたはあなた。

 自分だけの、自由な人生を、胸を張って歩む為に・・・まずは“挨拶”からはじめようよ。
 それこそが“プロ”としての第1歩なんだから・・・。
 声を大にして叫ぼうよ!
「おはようございます!△□×から来ました○○です。今日一日よろしくお願いします!(=自分を呼んでくれたこと、決して後悔させません。御社の為に頑張ります。自分を“欲しい”と思ってもらえるように、励みますけど、でも御社には就職しません。なぜならば、自分には夢がありますから!)」



 心の声まで伝えた方々とは、今もありがたくお付き合いさせて頂いております♪




FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


 
スポンサーサイト



[ 2007/08/02 23:47 ] 吼えるふとどき者! | TB(0) | CM(0)