スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

完了。 

 さすがに、昨夜はいつまで経っても眠れなかった。

 激痛、ではない。敢えて言うなら鈍痛。重ったるくて少し熱っぽくって身体を動かすと痛くって動かさなくても痛くっておまけに後頭部までずっしり重い感覚に囚われて・・・「無理しないで下さいね」「痛み止めはすぐ出せるように処方されていますからね」「痛む時はすぐ言って下さいね」・・・先生からも看護師さんからも度々そう声を掛けられていたというのに、とうとう朝が来るまでろくに眠れずひたすら耐えるというおバカなことをやってしまった。
 だって、俺、健康体なんですもの。一応。本当に深刻な患者さんが多く眠ってるこの病院で、俺みたいなもんに看護師さん達の労力を割かせるわけにはいかんでしょ。仮にもちょっと前まではうちの嫁さんだって夜勤をこなしてたんだもん。耐えられる痛みなら耐えてみせなきゃ、後に続いてくれるかもしれない人たちにだって申し訳が立たないって言うもんさ。痛みより眠気が勝れば、その内眠れるって・・・。

「大体皆さん1~2回は痛み止めを飲むもんなんですよ」
 えっ?! そうなの??
 朝を迎え、日勤の看護師さん達が出そろう頃になってようやく「ギブミー痛み止め」コールをした不肖・ふとどきに掛けられた声に拍子抜けする。
 そうか、飲むのが普通だったのか。でも耐えようと思えば耐えられるレベルだって思ったんだもの。なんか無駄に苦しんだ一夜が無性にもったいなく思えてくる。
 その後、服用した薬のお陰で、心身のもやもやは一気に解消される。

 夕方、そのことを見舞いに来てくれた嫁さんに告げると、相変わらずあんたはあほな気遣いをすると呆れられ、コーディネーターさんからは心配され・・・でもですね、これぐらいの痛みで人の生命を救えると思えば、ほんとに楽なっこってすよ! と、それだけは嘯くでもなく、真に宣言出来る41歳なわけで・・・。

「患者さんへの移植は昨日無事に完了したそうです。先方のドクタ-からも、骨髄バンクからも報告がありました。本当にありがとうございました」
 いえいえ、お安い御用で・・・と、主治医の先生にはさすがに返せなかったけれど、本当にこれぐらいお安い御用です。
 コーディネーターさんや先生、看護師さん達、その他大勢の方々の御尽力あっての賜です。
 後は俺のしぶとさを存分に発揮して、患者さんをすんなりと快方に導くことが出来ればOK!

 どうか絶対にうまく行きますように!
スポンサーサイト
[ 2012/05/10 23:57 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(5)

救世主。 

「なぜ骨髄ドナーになろうと思ったんですか?」

 今回の骨髄提供に至る過程の中で、何度かそんな質問を受けてきた。

 なぜかって、なぜかって、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うーん・・・。

 正直、即答出来た試しがない。

 だけど、今夜、健康体にしては随分控えめの夕食を補おうと、こっそり院内売店で買って来たカレーライスに挑もうとしたまさにその時、やっと答えが見つかった。

 そう。俺はそうすることが当然と思っていた。献血が出来る年齢になれば、喜んで血を提供したし、献血会場に臓器提供や骨髄バンクの資料があれば、迷うことなく登録した。
 なぜならば、それが当然だから・・・。
 じゃ、なぜ、“当然”なのか?
 その答えこそが見つからず、随分悩んでいたのだけれど、スプーンを手に取った瞬間に、やっと意識出来たのだ。

 我が母は俺が思春期真っただ中だった頃、実の兄に片方の腎臓を提供した。
 残念ながら、その伯父さんも近年亡くなってしまったのだけれど、それでも父や親戚、周囲の反対を振り切ってまでも、当時腎移植に対してまだ充分な世論が形成されていない世の中を捨てる覚悟で、ただただ一心に兄の回復を祈り、手術に挑んだのだ。

 そりゃあ、ガキの頃からテレビやなんだで見聞きしてきたヒューマニティー溢れる情報の影響も有るんだろうけど、バッリバリに反抗しまくっていた親不孝者のドラ息子をして尚、誇らしく思えた母の一連の行動だった。

 だから、だからこそ、今回のことは俺にとって「当然のこと」なのだ。

 そこに救えるはずの生命があるのなら、こうすることが、俺にとっては「当然」。

 しかし、実のところ、件の母も、看護師の嫁さんも、この俺にとっての「当然」を当初から快く応援してくれたわけではない。
 俺の仕事をこれからも続けて行く中で、万が一にも腰に負担を抱えるようなことは一家の主として控えるべきことだったのかもしれないわけで・・・。
 だけど、それでも、そこに救えるはずの生命があるのだから・・・。
「どうせあんたは誰がなんて言っても自分の思った通りにやるんでしょ!」
 彼女たちの共通見解。
 正解。そう、その通り。



“救世主”なんておこがましい、恩着せがましい気持ちはこれっぽっちもない・・・って言い切っちゃうと少し口が滑った感も否めなくなるのだけれど、実際、今日までは、当たり前のことをするだけで大したことではないんだと思ってた。うん。

 でも、いざ、骨髄を抜かれ、患者さんの元に届きましたよって報告を医師やコーディネーターさんから伝えられると、「絶対に俺が救生主にならなけりゃいかん!」と、強く思うようになった。

 イエス・キリストやケンシロウに与えられた“救世主”って通り名ではなく(って、同列に比較してしまう己の不勉強さを恥じるばかりだけど)、近畿地方で長く病気に苦しんできた30代男性にとっての“救生主”。
 必ず、俺の骨髄液があなた様の生命を救って見せます!!



 まっ、患者様の情報ってばこれぐらいのことしか知らされないのです。
 健全なボランティア事業として骨髄バンクさんが徹底しているルールですから、どこぞの悪趣味なメロドラマのように、実はお金持ちだった患者さんが黒塗りの車で迎えに来たり、その後落ちぶれて明日をも知れなくなったドナーがいまだに完治していない患者さんを訪ねていったり・・・なんていうことは決してあり得ないこととなっております。

 いつものように・・・っていう表現をこの数年間、ほとんど『ふとどき日記』を更新しなかったおいらが使うのもどうかと思いますが、いつものように少し話が脱線しちゃいました。すんません。
 必ず俺の骨髄液で元気になって下さい!!!!!


 ただ、ひとつだけ残念なお知らせが・・・。
《血液型占い》というものをほっとんど信じていない俺が言うのもなんですけど・・・あなた様、移植が成功すると、俺の身体に流れる赤い液体とまったくおんなじ赤い液体を身体の中で作り始めるようになるようですよ・・・。
 これまでの血液型がどうであれ、うちの息子よりもはるかに俺の血にそっくりな、A型の、Rh+の、そして“損な性分”の源と完全一致の血。
 血液型を決める赤血球の因子は骨髄液移植前に処置して抑え込むらしいのですが、それでも尚、わたくしめの血液同様のものを作り始めるらしいので・・・やっぱり受け継がなくて良いものまで・・・・・・って悪ぶってもしゃあないか♪
 とにかく、“しぶとさ”だけは折り紙付きの“血”なんで、拒否反応なんて起こさずに、すんなり、あっさりと受け止めて、早く元気に外の世界を闊歩して下さいませ!


   ※※※ 補足 ※※※
「骨髄バンクにドナー登録するのってどんな感じだったんですか?」
 今回受けた質問の中で、一番うれしかったのがこの質問です。

 えっと、興味がある方、私の方でもいいんですけど、何はともあれ献血会場や骨髄バンクのホームページなんかをお気軽に覗いてみて下さい。
 骨髄バンクは絶対にあなたへ骨髄提供の強要をすることはございません。
 むしろ骨髄採取手術に至るまでのデメリットに関して、正確に、丁寧に、各々の理解度に応じて、説明してくれます。
 そして、献血の採血制限がある外国の滞在歴等が有る方でも、骨髄の提供は可能となる場合があります。

 途中で考え直すことも出来ます。
 ただし、患者さんが拒絶反応を抑えるために無菌室に入り、造血機能を一旦破壊されてしまって以降の心変わりは、確実に患者さんの生命を脅かすというか奪うことに繋がりますので禁止されています。
 あなた様に出来るのはただ、ひたすらに“健康であること!”。

 俺みたいな自営業者でも、なんとか顧客の皆様方の理解を得て、本日を無事終えることが出来ました。
 そして・・・・・・・・・現在の法律上、もう一回の骨髄提供とこちらも1回だけとなりますが末梢血幹細胞提供をすることが出来ます。都合あと2回ドナーとしてお役に立てる可能性があるということです。何度でもドナーとして受けて立つ覚悟はあるんですが、倫理云々はすぐに変わることはないそうでして…。

 実は国内での非血縁者間の末梢血幹細胞移植4or5例目になる可能性があったのですが、血液中の総コレステロール値がほんの僅か基準値をオーバーしていたために、今回は見送られてしまった新し物好きで無念無念の不肖・ふとどき、最後の最後に肝心な御報告をするあんぽんたんですけれども・・・・・・・・・無事、全身麻酔と骨髄採取とを終えております。

 最後まで読んで戴いてありがとうございました!





 

 
 
 






[ 2012/05/09 22:38 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

in。 

 散々無茶な予定を組んで、眠ることすら忘れたかのような生活すらしつつも、本日、無事に入院した。

 元気、元気! 至って健康♪

 眠れずに再び耳にしたイヤホンからは、息子のための仮面ライダーのテーマ曲がシャッフルで偶然流れてくる。

 そうだよ、碧くん。お父さんは病気のひとを助けるために、頑張ってくるからね!


 骨髄ドナーに選ばれた時に家族で一緒に見たDVD。
 頭をバンダナで覆った患者さん役の人を指して「おとうさんがこのひとをたすけにいくの?」って君は聞いたよね。
 君が生まれてきてくれた時とはまた別の意味で、“俺の生命は俺一人だけのものではない”と強く意識したこの数週間。
 4日間の入院期間を確保するために、アホなくらいスケジュールを詰め込んできたけれど、事故もせず、なんとか無事に、この身体を病院に届けることが出来た。

 後は明朝。
 先生に身体を託し、“ちっくん”をいっぱいされるだけ。

 お父さんは“ちっくん”くらいじゃ泣かないよ☆

 そして必ず笑顔で眠りから醒めて見せるからね!


 名も知らぬ、顔も知らぬあなた。
 必ず助けて見せます。
 だから、今夜はどうぞゆっくりお休み下さい。

 こんな表現をするとコーディネーターの方や骨髄バンクの方々に、「誤解を生む」と怒られるのかもしれないけれど・・・頑固で理屈っぽくてその割おばかな、しぶとくてふとどきな血を作り出す、その“素”をお届けします。

 だから早く元気になってくださいね!

 僕とあなたとは一生顔を会わすことはないのでしょうけれど、この広い空の下、どこかでお互い汗をダッラダラ流しながら笑ってる、そんな夏が早く来ることを、心から祈ってます。

 じゃ、とっくの昔に消灯時間なんで・・・おやすみなさい!

[ 2012/05/08 23:57 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

壁・・・ 

 今日はまたたっぷりと汗を掻いた一日だった。
 帰宅して風呂上りに体重計に乗ると“71.8”。今年の最軽量タイ記録(3度目)。先月75kg台をうろちょろしていたことを考えれば上々の数字かもしれない。
 だけど数年前に立ててクリア出来てないままの“68.5”の目標まではまだまだ遠い。去年の最低記録は71.0kg。どうしても“71”が壁になってるんだよなぁ・・・。
 まっ、それでも特別なダイエットや運動をしているわけではないから仕方ないんだろう。腹八分目を心掛け、日々の基礎トレーニングだけでなんとか乗り切れればと思っていたんだけど、やっぱ難しいときたもんだ。
 そういうわけで不肖・ふとどき、まだまだ精進が必要なようでございます。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2010/06/27 23:59 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

情けないなら・・・ 

 齢39にして“神経痛”という文字が含まれる病名を下されたふとどきでございます。
 なっさけないなぁ・・・。
 まっ、でも情けないならないなりに、粋に生きることも出来ると思うんで、あまり落ち込まずに開き直って行こうかと思います。
 帯状疱疹、ナメたらあきまへんな。って、わりあい早い段階で治療を始めたはずなんすけどね。ダメでした。運が悪かったのか、それとも程度が酷かったのか・・・。
 風邪の方も「上部咽頭炎」なんてハクつけてもらったんですけど、イマイチ治りが悪いっす。
 天罰が当たったとでも思って回復に努めねばなりませんなぁ・・・。

 それでもどうにか気持ちに余裕が出てきたんでなんとかなるっしょ。
 とりあえず本日はこれにて。また明日☆





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2010/05/29 22:58 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

神経痛・・・ 

 やっぱり右っ側の胸と背中がムズムズヒリヒリする。気持ち悪いのレベルを超えて、既に痛い。
 嫁さんは帯状疱疹の後遺症が神経痛として残ったんだと言う。表面的な湿疹は随分落ち着いたのに、よりによって神経痛。この後、一生残るのか、それともいつか治るのかはわからないらしい。今夜も痛み止めを飲んだ。やっかいなことになった。

 はぁっ・・・っと塞ぎ込んでばかりいても仕方が無い。だけどやっぱり気分は晴れない。困ったもんだよ、まったく。

 と、ボソボソと呟きながら、今夜も手抜きのブログ更新。すんません。また明日★




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2010/05/28 23:58 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

微・・・ 

 本日あーちゃんは月曜以来の保育園へ。
 咳も鼻水の量も減らないものの増えた感じもしなかった。だけど「内科検診があるのでなるべく休まないように」とのことだったので登園。内科検診もなにもここんとこ続けて小児科に行ってるっちゅのに・・・と内心ぼやきつつ、「調子が悪ければすぐ連絡を下さい」と先生にお願い。本調子ではなかったみたいだけど、特に連絡も無く、なんとか一日を過ごせた模様。

 俺。
 帯状疱疹は見た目治まりつつある。だけどまだ痛い。ヒリヒリと右胸に右の背が痛む。どうやら後遺症が残る可能性が高くなってきた。神経痛。だと。この年で・・・。

 男二人、悪化もせず、回復もせずの一日だったけど、とりあえず状態が維持されていたってことでここは一つ“微かに回復の兆し”ということにでもしておこうか。気分的にその方がいいだろ。まったく、困ったもんだ。




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
 
[ 2010/05/27 23:58 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

7・・・ 

 だいたいさぁー、痛み止め1錠飲むのも嫌がる薬嫌いの頑丈自慢が帯状疱疹からのガタガタで7種類の飲み薬+塗り薬2種類を用いるはめになっちゃって、それでも調子が悪いっちゅうのはどうしたもんかね。
 困ったもんですなぁ。
 それにしても・・・あー、副作用で眠い。今夜も早く寝ようっと。
 それじゃまた明日★



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2010/05/25 23:24 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

ガタガタと・・・ 

 なんかしらんけど急にガタガタと調子が崩れてきた。
 昨夜から冷たいものを飲んだら右耳の奥から頭に激痛が走る。さっきはさっきで激しい眩暈に連続で襲われた。
 今日は内科と耳鼻科に行ったんだけどな・・・。
 とにかくもう休もう。なんかおかしい。



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2010/05/24 23:27 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)

気力・・・ 

 薬を飲んでバタンキュー。正確にはあーちゃんを寝付かせている途中で先にこちらが寝ちゃったわけだけど、気が付きゃもうすぐ24時。はぁっ・・・、ここ数日のハイテンションはどうやら気力でもってただけってことなんだろか。アドレナリンがドバドバ出てたんだろうな。帯状疱疹になり始めた頃の身体のダルさが全く感じられなかったもん。よかったよかった・・・じゃなくて、反動が怖い。

 とりあえず、今夜はこのまま寝るとするか。耳の調子もおかしいし、鼻も喉も痛い。早く良くなんないかな・・・。




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ FC2 Blog Ranking 人気ブログランキング  ビジネスブログ100選
[ 2010/05/23 23:59 ] 健康・体調管理 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。